2017年06月02日00時20分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201706020020165

東日本大震災

みやぎ県民センター ニュースレター48号(2017年5月24日)

●目次● 
 
 嵒興公営住宅」緊急署名開始 
∪路なき鉄路をBRTはゆく 
9颪寮嫻い派興を5.10国会行動 
だ亟中心市街地復興 
ジ民センター設立6周年総会案内 
 
【 ,海里泙泙任蓮崕の棲家」にならない 仙台市「復興公営住宅」緊急署名開始】 
 東日本大震災から6年余、かけがえのない家族や友人、住み慣れた家屋を失った被災者の方々の喪失感は大きく、その傷も簡単に癒えるものではありません。 
 復興公営住宅を含む「住い」については「被災者(人間)の生活再建の基本」であり、本来、何よりも先に整備され、かつ「終の棲家」として広く社会全体で支えられる生活財・公共財です。 
 
【◆\路無き鉄路をBRTはゆく 気仙沼線・大船渡線復旧に国支援は不可欠】 
 東日本大震災で寸断された県内の鉄道は、昨年12月10日に常磐線浜吉田・相馬間(23.2キロ)が5年9ヶ月ぶりに復旧し、仙台から福島県浪江までの区間が繋がりました。 
 県北部では2015年3月21日に女川までの石巻線が繋がり、現在BRT(*)で運行されている気仙沼線前谷地・気仙沼間(72.8キロ)、大船渡線気仙沼・岩手県盛間(43.7キロ)は復旧していません。被災鉄道と復興への道を考えます。 
 
【 被災者切り捨てを許すな!国の責任で復興を5・10国会行動】 
 5月10日、「被災者切り捨てを許すな!国の責任で復興を5・10国会行動」が行われ、全国から200名余、宮城県からは被災当事者7名を含む34名が参加しました。 
 
【ぁ\亟市中心商店街復興 更地・駐車場増えるなか 複合施設着工へ】 
 県民センターでは定期的に石巻中心部商店街の営業状況を調査しています。下表は12年6月調査と今年4月調査の結果をまとめたものです。またそれを地図に表現したものが下図です。 
 
【ァ‥躅困き 他産地流用問題 実態解明は不十分 まず事実を明確に】 
 3月17日に河北新報は「水産特区」で漁業権を免許された「桃浦かき生産者合同会社」が桃浦以外の浜のかきを「桃浦かき」として販売していたことを報道しました。 
 この間、宮城県は調査を行い「法令違反はなかったが、ブランド意識に欠けた姿勢があった」とする報告を県議会や海区漁業調整委員会に行っています。違反していなかったとする法令は「食品衛生法」「景品表示法」の二つです。しかし、県は「商標法」は調べていませんでした。 
 
※ 銑イ砲弔い董⊂楮戮楼焚爾離螢鵐からご覧ください。 
http://www.miyagikenmin-fukkoushien.com/pdf/news/news-48.pdf 
 
       ★       ★       ★ 
 
<東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター設立6周年総会> 
−被災者・被災地が主役の復興を目指して 村井県政・奥山市政の「復興の6年間」を検証する− 
2017年6月24日(土)13:30〜 
仙台弁護士会館 4階大ホール 
〔仙台市青葉区一番町2−9−18/Tel:022−223−1001(代)〕 
被災当事者、支援の方々をはじめ、どなたでも参加いただけます。それぞれの立場からの発言で、これからの復興をともに考える場にしたいと考えています。多くの県民の皆様のご参加をお待ちしています。 
 
       ★       ★       ★ 
 
<被災者の医療・介護 電話相談受付(東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター)> 
お困りのこと、誰に相談していいかわからないことなど、被災者の医療・介護についてご遠慮なくご相談ください。 
電 話:022−399−6907 
Fax:022−399−6925 
受付時間:10〜16時(平日のみの受付です) 
 
       ★       ★       ★ 
 
発行:東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター 
(住 所)〒980−0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目5−10−305 
(TEL)022−399−6907 
(FAX)022−399−6925 
(E−mail)miyagi.kenmincenter@gmail.com 
(Web)http://www.miyagikenmin-fukkoushien.com 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。