2019年03月17日00時59分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201903170059300

政治

首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その6 「国境なき記者団」の瀬川牧子氏  

  3月14日の「知る権利」を守るための官邸前集会では、東京新聞・望月記者への首相官邸側の質問妨害に関して抗議声明を出した「国境なき記者団」の瀬川牧子氏も登壇してスピーチを行った。 
 
 瀬川氏「毎年各国のプレスランキングを発表させていただいておりますフランスのパリに本部を置く『国境なき記者団』の日本特派員の瀬川と申します。今回の望月さんの質問妨害に関して『国境なき記者団』の方から声明文を出させていただきました。重要なところだけ読み上げさせてください。 
 
  『国境なき記者団』は安倍晋三首相と政府に対し、彼のチームが例外なくすべてのジャーナリストの質問に答え、市民の情報入手の権利を尊重するように呼びかけます。また『国境なき記者団』の東アジア局長は、政府高官は一般市民に奉仕するように、と求めており〜ここではpublic servantという言葉を使っています〜 報道機関からの質問を選別する権利はありません。ましてや、その重要性を判断するなどもってのほかです。ジャーナリストは読者が関心を持つと考えるすべての質問を行う権利を有することで、あらゆる民主制の世界に対しての不可欠な役割を果たしている、と。 
 
  そして最後ですけれども、昨年12月、総理・内閣府は日本の報道機関に対して、質問が事実に基づき、かつ、正確であることを求めました。『国境なき記者団』として、これは記者に対して発表された〜望月さんに対して発表されたもののように思われますが、この2つは報道業務の中核をなす要素であり、こうした要求はジャーナリストに対する侮辱そのものであると考えています。 
 
  2018年の世界各国の状況、報道の状況を言いますと、約80人のジャーナリストが殺害され、348人が投獄され、60人が今人質の状態になっています。このメディアの状況は、自由報道の状況は年々年々悪化し、過去最悪のものとなっています。 
 
  日本の報道はどうでしょうか。2011年の東北震災を機に、この報道の自由度はますます落ちていくばっかりです。12位から2018年では68位と。日本には確かに殺害や投獄、目に見える情報規制はありません。しかし、自己規制というself censorshipと言う言葉が書かれています。記者クラブでの記者会見の様子を見ての通り、質問が制限されたり、政権との癒着のある一部のジャーナリストだけが質問の権限がある。 
 
  福島を見てください。沖縄を見てください。今、原発の問題はどうなっていますか。本当に報道していますか?我々国民の本当の質問は全部届いていますか、権力者のもとに? 
 
  私たちは望月さんの質問のやり方は本当に公正であり、これがジャーナリストのやり方だと『国境なき記者団』は思っています。大きな情報が書かれ、掲載され、ジャーナリストが殺害される前に編集部の中で統制されていませんか。内部で記事が何本も殺されていませんか。原発、基地問題、日本人の命に係わる大きな情報が本当にたびたび発信され、伝わっているでしょうか。」 
 
 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” 官房長官らの記者に対する不当な質問制限に抗議 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903150007035 
 
 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その2 バナーの2色 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903151459225 
 
 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その3 新崎盛吾氏(共同通信労組 元新聞労連委員長) 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903151931325 
 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その4 毎日新聞労組の吉永磨美氏。 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903152344595 
 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その5 広島から駆けつけた中国新聞の石川昌義氏 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903162234186 
 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その7 東京新聞社会部の望月衣塑子記者が登壇 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903180009401 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その8 社民党・福島瑞穂氏が登壇 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903220240225 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その9  自由党・森裕子氏 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903222245415 
■首相官邸前で行われたマスメディア・ジャーナリスト・市民の抗議集会 "FIGHT FOR TRUTH” その10  望月記者の同僚・東京新聞社会部、柏崎智子記者が登壇 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903252005501 
■3・14首相官邸前抗議集会でのアピール: 「知る権利」を奪う首相官邸の記者弾圧に抗議する 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201903271138223 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。