広告


menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
農と食
反戦・平和
国際
みる・よむ・きく
市民活動
橋本勝の21世紀風刺絵日記
アジア
アフリカ
検証・メディア
核・原子力
欧州
労働問題
社会
司法
難民
中東
コラム
医療/健康
憲法
環境
遺伝子組み換え/ゲノム編集
人権/反差別/司法
外国人労働者
文化
沖縄/日米安保
中国


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2021年06月17日
2021年06月16日
2021年06月13日
2021年06月12日
2021年06月11日
2021年06月09日
2021年06月08日
2021年06月05日
2021年06月04日
2021年06月02日







「ハバナのベートーヴェン」を演奏するヨアキム・ホースレイ氏 Joachim Horsley who plays " Beethoven in Havana "


「ハバナのベートーヴェン」創造の鍵はピアノの使い方をゼロ地点に戻って革新したことにあった。ピアノを打楽器として使う、という発想だった。写真はナイフを使ったピアノへのアプローチ。Joachim Horsley, playing piano with knives


ハバナ。素晴らしいのはクラシックカーばかりではなかった。ハバナで行われた打楽器のワークショップに参加したことが転機となった。”Havana is incredible! There is incredible history, and it’s a lot more than beautiful old cars and a great night life. ”


ホースレイ氏は現在、カリフォルニアに住み、ハリウッド映画やTV向けの音楽を作曲したり、指揮したりしている。その傍ら、自らの創作活動を続けている。Joachim Horsley, conducting in Los Angeles, CA


兄弟のエリック氏とともにピアノ演奏中。リトル・ホースというバンド活動を続けている。Erich Horsley and Joachim Horsley performing as LittleHorse, 2007


今後は「ハバナのベートーヴェン」プロジェクトの一環として、様々なクラシック音楽をハバナの音楽形式にアレンジしていくという。”This year my priority is to create more music for this project, and taking the piano as far as it can go!”




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要