2007年07月06日00時36分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200707060036585

時事英語一口メモ

【30】「中国の特色あるオランダ病」

ブログ版 
 
 
 中国は“socialism with Chinese characteristics”(中国の特色ある社会主義)を標ぼうしている。しかし、20年以上前の標語はいまや色あせ、“capitalism with Chinese characteristics”(中国の特色ある資本主義)とやゆされるようになって久しい。この標語の言い換えの最新版は、米エール大学経済学教授のグスタフ・ラニスの“Dutch Disease with Special Chinese Characteristics”(中国の特色あるオランダ病)だ。(鳥居英晴) 
 
 「中国の特色ある社会主義」という表現は小平が1982年9月1日、中国共産党12回党大会の開幕の言葉として初めて提唱したもので、中国語では「有中国特色社会主義」。16回党大会(2002年)以後は、「有」が削除され「中国特色社会主義」になった。日本語や英語での表現は変わっていないが、微妙なニュアンスの変化はそれ以後にとられた政策に反映されているようだ。 
 
 YaleGlobal(6月19日)に掲載されたラニスの“Capitalism with Special Chinese Characteristics”(中国の特色ある資本主義)と題する論説によると、中国で起きているさまざまな問題の基本的原因は、特殊なDutch Disease(オランダ病)であるという。 
 
 オランダ病とは、天然資源の輸出によりもたらされるdeindustrialization(産業の衰退)で起きる経済危機を指す言葉。英エコノミスト誌が1977年に名付けた。1960年代に天然ガスが発見されたオランダは、天然資源の価格の高騰により莫大な外貨が流入し、自国通貨が高騰した。製造業は国際競争力を失い、財政赤字の増大などにより、オランダは1980年代前半に低成長と高い失業率という問題に直面した。 
 
 But another version of that disease could be more relevant in China’s case, one defined as the massive inflow of foreign exchange, from whatever source, adversely affecting decision-making throughout the body politic. The Chinese version of this phenomenon results from the continuing large-scale export surpluses caused by massive labor-intensive exports, associated with the maintenance of an undervalued exchange rate, and accompanied by large-scale foreign direct investment flows as well as some speculative portfolio capital. 
 
 (しかし、中国のケースではこの病気の別のタイプである。膨大な外貨の流入が組織政治を通じて政策決定に悪影響を与えているものと定義できる。この現象の中国版は、大量の労働集約型の輸出による大規模な輸出の黒字からくるもので、為替レートを低く抑え、投機的な資金や大規模な外国直接投資が伴っている) 
 
 China’s cumulative export surpluses since the late 1980s have amounted to $386 billion and inflows of FDI to $994 billion. With foreign-exchange reserves well above the $1 trillion mark, the Chinese government finds itself unable to cool down the boom -- investments currently still run at 40 percent of GDP -- all of which has led to lower levels of efficiency, i.e., falling rates of return and rising industrial capital-output ratios. 
 
 (中国の1980年代末からの輸出の累積黒字は3860億ドルで、外国直接投資の流入は9940億ドルに達する。外貨準備は1兆ドル以上で、投資はGDPの40%の水準にあり、中国政府は景気を冷やすことができないでいる。それらは効率の低下を招いた。つまり、リターン率の低下と資本・産出高比率の上昇である) 
 
 With saving rates nearing 50 percent and consumption continuing to lag as families worry about the need to finance their own health care and pensions down the road, we witness Beijing’s inability to rein in local governments’ continuing investment binges. 
 
 (家庭は将来の医療費や年金を心配して、貯蓄率は50%近くあり、消費も伸び悩んでいる。中央政府は地方政府の投資の狂騒をコントロールできないでいる) 
 
 In other words, this version of Dutch Disease is not caused by a natural-resource bonanza but massive labor-intensive exports plus large-scale capital imports, which affect not the exchange rate but the decision-making process. 
 
 (言い換えると、このタイプのオランダ病は天然資源により起こされているのではなく、大規模な労働集約型の輸出と膨大な資本の輸入でよって起こされている。それは為替レートに影響せず、政策決定プロセスに影響を及ぼしている) 
 
 Such an unremitting avalanche of foreign exchange in the presence of a relatively fixed and undervalued exchange rate plus weak financial-sector institutions not only renders the central authorities incapable of restraining the continuing investment boom, but also encourages rent-seeking, corruption and rural unrest, all publicly lamented and hopefully beginning to be addressed. 
 
 (そのような外貨の絶え間ない流入は、為替レートがほぼ固定されて、低く抑えられ、金融部門が弱体な中、中央当局は投資ブームを抑制できないばかりか、貸出先を捜すことや、汚職、地方の騒乱を招いている。それらは公に嘆かわしいこととされ、取り組みが始まっているが) 
 
 Momentum for reform is difficult if most important actors see little reason to overcome a comfortable state of inertia. Quite the opposite, the continued accumulation of reserves provides incentives for influence peddling and inefficient investment activity. 
 
 (最も重要な関係者が現状に満足して、その状態を克服しようとしないなら、改革のはずみがつくのは難しい。その反対に、外貨準備の累積は利益誘導や非効率な投資活動への誘引になる) 
 
 In other words, a massive reserve build-up makes it politically difficult to change policy. No urgent pressure emerges, and few want to offend politically powerful stakeholders. 
 
 (言い換えると、膨大な外貨準備の積み上げは政策を変えることを政治的に難しくする。切迫した圧力が生まれなければ、誰も政治的に強力な利害関係者の機嫌を損ねたくない) 
 
 What emerges is the phenomenon of “crony socialism” or, as I’m sure Beijing would prefer, “Dutch Disease with Special Chinese Characteristics.” 
 
 (出現するのは「縁故社会主義」の現象である。当局は「中国の特色あるオランダ病」という言い方のほうを好むと思うが) 
 
 ラニスによると解決策は、競争的な金融システム、債券市場の創設、為替レートの柔軟化などの金融改革、農民に土地所有権を与えること、成長を6−7%に抑えることなどであるという。 
 
 
 “Mercantilism with Chinese characteristics” (中国の特色ある重商主義)という言い方もある。エコノミスト誌がそうした見出しの記事を掲載したのは2003年8月13日。 
 
 Mercantilism(重商主義)は16世紀から18世紀の欧州で広がった経済思想。外国貿易を重視し、貿易によって得られる金貨幣こそ国の最も重要な富であるとみなした。国内の産業を保護し、原料供給国を確保し、輸出を増やして輸入を減らすことを追求した。米国は1980年代の日本の貿易政策も重商主義とみなした。 
 
 2006年4月19日のニュ−ヨーク・タイムズ紙にデビッド・サンガーによる”China's Rising Need for Oil Is High on U.S. Agenda“(中国の石油需要の高まりは米国の大きな議題)という記事に中国の「重商主義」についての興味深いエピソードが紹介されている。 
 
 Mr. Green, who left the National Security Council in December, recalled a visit from a senior Chinese official who tried to explain that China was only seeking business deals, and was not trying to influence countries where it was doing business. 
 
 (12月に国家安全保障会議のアジア上級部長をやめたマイケル・グリーンは、中国の幹部の訪問を思い起こした。その幹部は、中国は商取引をしようとしているだけで、商売をしている国に影響を及ぼそうとはしていない、と説明しようとした) 
 
 ''He used the example of Sudan and he said, 'Look, you know, we don't care about internal issues like genocide, we only care about the oil because we need the resources.' '' 
(「彼はスーダンの例を用いて言った。『いいですか。われわれは大虐殺などの国内問題には関心がないのです。石油だけに関心があるんです。なぜなら資源が必要だからです』」) 
 
 ''And I said, 'Well look, that's mercantilism.' And the Chinese translator had trouble translating ''mercantilism'' and they had a big debate about it, and we figured it out. And then they had a big debate about whether I meant that as a good thing or a bad thing.'' 
 
 (「それでわたしは言った。『いいですか。それはmercantilismです』。中国人通訳が''mercantilism''をどう訳していいのか当惑して、彼らは大議論になった。われわれが教えると、彼らはわたしが良い意味で使ったのか、悪い意味で使ったのかをめぐって大議論になった」) 
 
 サンガーは同記事で、中国の重商主義を次のように記している。 
 
 In the case of China, the term is increasingly employed to paint a picture of a 21st-century version of the Great Game, the 19th-century maneuvering for primacy in Central Asia, in which China's search for oil is merging with its desire for greater influence, from Africa to Latin America to the Middle East. 
 
 (中国の場合、この言葉は19世紀の中央アジアでの覇権争いであるグレートゲームの21世紀版を描くのに用いられるようになっている。そのゲームは、アフリカからラテンアメリカ、中東にまで及ぶ。中央アジアでは中国は石油を求めるとともに、影響力を強めようとしている) 
 
 今年2月に発表された「日米同盟―2020 年に至るまでのアジアを正しく導く(The 
U.S.-Japan Alliance: Getting Asia Right through2020)」(新アーミテージ・レポート)でも、中国の重商主義に対する警戒感が示されている。 
 
 The modernization and growth of China will insure its power and affluence, but the direction it takes remains an open question. In 2020, China could be a responsible stakeholder, with increased political freedoms and liberal institutions that support economic openness and make for more responsible treatment of its people and its neighbors. On the other hand, China’s conduct could be marked by mercantilism, with illiberal institutions, chauvinistic nationalism, and corruption that distort international norms and threaten neighbors. 
 
 (中国が現代化し、成長することによって、力がつき、豊かになることは間違いないが、中国がどの方向に向かうかは予断を許さない。2020年に中国は、経済開放性を支え、自国民と隣国に責任ある対応をする、より大きな政治的自由と自由な制度を持った、責任あるステークホルダー(利害共有者)になるかもしれない。一方で、中国の行動は、不自由な制度、排外的ナショナリズム、腐敗を伴った重商主義で国際規範をゆがめ、隣国を脅かすかもしれない) 
 
 カリフォルニア大学アーバイン校の経営学教授、ピーター・ナバロとメリーランド大学経済学教授、ピーター・モリチは、中国の重商主義批判の急先鋒である。 
 
 "The Coming China Wars"(来るべき中国の戦争)の著者であるナバロは英フィナンシャル・タイムズ紙(6月20日)に投書し、次のように述べている。 
 
 The root cause of today's global trade imbalances is a 19th century Chinese mercantilism that begins with a grossly undervalued currency that acts as a tariff on US exports and that has forced other Asian nations, particularly Japan, to likewise engage in currency manipulation (albeit more indirectly). 
 
 (今日の世界の貿易不均衡の根本原因は、19世紀型の中国の重商主義である。米国の輸出に対する関税として機能する大幅に低く抑えられた通貨であり、他のアジア諸国、特に日本にも同じように、より非間接的だが、通貨操作させている) 
 
 Beyond currency manipulation, Chinese mercantilism extends to a complex web of export subsidies and tax preferences that violate the rules of the World Trade Organisation; rampant counterfeiting and piracy that provide material cost advantages for Chinese exporters; and lax environmental and health and safety regulations that likewise provide unfair cost advantages. 
 
 (通貨操作を超えて中国の重商主義は、世界貿易機関の規則に違反する輸出補助金、税の優遇、中国の輸出業者に材料費で得をさせる偽物、海賊版のはんらん、コストの面で不公正な得をさせる緩い環境・健康安全規制にまで及んでいる) 
 
 モリチはアジア・タイムズ(6月28日)で、“Why China won't revalue”(中国はなぜ通貨を切り上げないのか)と題して、次のように述べている。 
 
 Thanks to currency manipulation, 2 million US manufacturing jobs have been lost, and US gross domestic product is about $250 billion lower than it would otherwise be. Also, potential GDP growth is a full percentage point lower than the 4% a year it could be. The resulting costs far exceed any benefits Americans receive from cheap coffee tables and television sets at Wal-Mart. 
 
 (中国の通貨操作で、200万人の米国の製造業の職が失われ、米国の国内総生産は2500億ドル減った。また、潜在的GDPの成長は年4%あるはずだが、1ポイント減っている。それから生じる損失は、米国人がウォルマートで買う安いコーヒー・テーブルやテレビの恩恵をずっと上回る) 
 
 The essential political problem in the United States is that immediate and visible costs imposed by Chinese mercantilism are most concentrated on perhaps less than 25% of the population, while the benefits, though smaller in total, are broadly available to most voters. 
 
 (米国での本質的な政治問題は、中国の重商主義による直接的で目に見える損失は人口の25%以下に最も集中していて、恩恵は全体では小さいが、ほとんどの有権者に広く行きわたっている、ということである) 
 
 
 一方、“Neoliberalism with Chinese Characteristics”(中国の特色ある新自由主義)と命名したのはニューヨーク市立大学の経済地理学教授でマルクス主義者のデビッド・ハーベイ。”A Brief History of Neoliberalism”(2005年刊。邦訳『新自由主義』)で新自由主義をこう定義している。 
 
 Neoliberalism is in the first instance a theory of political and economic practices that proposes that human well-being can best be advanced by liberating individual entrepreneurial freedoms and skills within an institutional framework characterized by strong private property rights, free markets, and free trade. 
 
 強力な私的所有権、自由市場、自由貿易を特徴とする制度的枠組みの範囲内で個々人の企業活動の自由とその能力とが無制約に発揮されることによって人類の富と福利が最も増大する、と主張する政治経済的実践の理論。(邦訳書10頁) 
 
 中国に関しては、次のように述べている。 
 
 中国は明らかに新自由主義化と階級権力の再構築の方向に向かって進んできた。たしかに、そこには「はっきりとした中国的特色」が見られる。しかしながら、中国で権威主義体制が強化され、ナショナリズムへの訴えが頻繁になされ、帝国主義的傾向が一定復活してきていることから、中国が、まったく違った方向からではるが、今日アメリカで強力に席巻している新保守主義的潮流との合流に向かいつつあるのではないか、と。これは未来にとってあまり良い兆しではない。(同206−207頁) 
 
 
 
参考サイト 
http://yaleglobal.yale.edu/display.article?id=9311 
http://www.ft.com/cms/s/9e98beac-1eca-11dc-bc22-000b5df10621.html 
http://www.atimes.com/atimes/China_Business/IF28Cb02.html 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。