広告
広告

menu
xml feed
読者登録
購読料のご案内

団体購読のご案内
購読拡大にご協力を
「支援会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
人民元の行方
日本経済の崩壊
かつらじゃない
安保法案「違憲」
橋下氏・維新離党
安保関連・採決日程
日米・世界で安保
新日米ガイドライン
「文系廃止」
怒涛の東北地方選


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
反戦・平和
政治
コラム
核・原子力
教育
労働問題
世界経済
脱グローバリゼーション
農と食
地域
橋本勝の21世紀風刺絵日記
中東
アフリカ
沖縄/日米安保/米軍再編
ビルマ民主化
安倍政権を検証する
市民活動・催し情報
医療/健康
人権/反差別/司法
経済
文化
国際
中国
みる・よむ・きく
社会
オバマの米国
環境
イスラエル/パレスチナ
ITフロント
福島から
欧州
遺伝子組み換え/クローン食品
科学
農と食
憲法
アジア
検証・メディア


提携・契約メディア
AIニュース
NNN
消費者リポート
マニラ新聞
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2015年08月31日
2015年08月30日
2015年08月29日
2015年08月28日
2015年08月27日
2015年08月26日
2015年08月25日
2015年08月24日
2015年08月23日
2015年08月22日



News & Features
2015/08/31 23:27:04 更新

政治   コラム
大衆運動と政治的な出口
  昨日、8月30日の国会前に安保関連法案に抗議するために集まった人々に話を聞きながら、国民の中に様々な怒りや不満が渦巻いていることを感じました。1、憲法9条の解釈改憲に対する怒り2、安保関連法案の廃案3、安倍内閣の退陣4、国会解散と衆院の総選挙  参加者の中にはこれらの要求が複数ありました。国会前だけでなく、全国各地で多くの人が反対集会に集まった模様です。ただ、これらの要求をすべて現在、満たすのは今置かれている国会の状況を見ると、非常にハードルが高いのではないか、という気がします。(2015/08/31 23:27)



反戦・平和
【8月30日の国会12万人・全国100万人大行動の報道クリップ】
 私的な感想をお許しください。30日国会前行動。12万人の人々の思いで警察の規制が決壊し、人が車道を埋めたすぐ後、正門前に到着。雨の中、すき間がほとんどない状態でみんな立ち、声を上げていました。60年6月15日、全学ストライキを打って、同じ日、安保粉砕のゼネストを行った国労の山陰拠点米子駅の線路に明け方まで座り込みました.やはり雨が降っていました。樺さんが死んだという報を受け、翌日みんなで夜汽車に飛び乗りました。1960年、そして昨日の国会前行動。ともに現代史に残る時間に立ち会えたという思いです。以下、杉原浩司さんんが作成した30日の報道一覧です。(大野和興)(2015/08/31 13:43)



政治
8月30日 国会前・安保関連法案反対集会 人々の声2 ハンガーストライキ
  国会前10万人集会と銘打たれた8月30日。国会正門近くの一角で若者たちがハンガーストライキを続けていました。始めたのは8月27日ですから、今日で4日目だそうです。ハンガーストライキを行っているのは4人の大学生です。そのひとり、大学一年生の木本将太郎さんに聞きました。木本「安保法案を阻止するためにやっています。そして安倍内閣の退陣も要求しています。」Q「ハンガーストライキという手段を選んだのはなぜですか?」木本「戦争に反対していますが、身体的に意見を表明できないかと思ったんです。肉体のレベルでです」(2015/08/30 21:21)



政治
8月30日 国会前・安保関連法案反対集会 人々の声1
 今日、8月30日、午後1時から国会前で安保関連法案反対の10万人の集会があると聞いて取材に出かけました。曇り空の下、国会前に多くの市民が集まっていましたが、やがて、小雨となり、傘をさす人も増えていきました。国会前の集会の中心は国会正門前で、その裏手の参議院議員会館前や衆議院議員会館前などでも別のグループがマイクを持って抗議の声明をしていました。警備に警察官が多数動員され、国会周辺の交差点で交通整理をしていましたが、基本的には集会から立ち去る人はどんどん通し、集会の中心である正門前に向かおうとする市民にはもうキャパシティがいっぱいなので、今、通すことができないなどと説明していました。(2015/08/30 20:35)



コラム
本当の怪談、ここに極まれり
最恐映画シリーズの最後として「呪怨 ザ・ファイナル」なる映画が今年6月に上映された。ネットやテレビでは、試写会で怨霊が出てくる映像を見た女子高生たちが「キャー」と言いながら目を覆い、顔を歪める様子が映画の宣伝として流れたが、彼女たちの表情を見て、年寄りの私は「何と幸せそうに、怖がるのだろう」と思ってしまった。(伊藤一二三)(2015/08/30 14:27)



核・原子力
「広島、長崎への原爆投下、国際裁判の対象」 〜ロシア下院議長の発言を読む
今年の8月5日、ロシア連邦議会のセルゲイ・ナルイシキン下院議長が、モスクワ国立国際関係大学で行われた広島・長崎への原爆投下70周年をテーマとする円卓会議で標記のように発言し、ロシアや日本をはじめとるす各メディアが報じた。ナルイシキン氏はプーチン大統領の側近の1人で、ロシア歴史学会の会長も務めており、以前にも同様の発言を行っている。(西条節夫)(2015/08/30 12:43)



反戦・平和
国会10万人集会で、国会議員有志が過剰警備を監視
 明日は戦争法案廃案と安倍政権退陣を要求して国会周辺と全国各地で同時に行動する「8.30国会10万人・全国100万人大行動」が予定されている。国会周辺のほか、全国45都道府県300カ所余りで大小様々な行動が行われる。主催は「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」。国会周辺集会では今回初めて、国会議員有志が警察の過剰警備に目を光らせる。(上林裕子)(2015/08/30 12:16)



コラム
雑感 音楽教育 滝川雅弘(クラリネット奏者)
  私は4歳からピアノを習い中学1年で吹奏楽部に入部しクラリネットを始めましたが、高校には吹奏楽部が無く大学でも学生アルバイトでキャバレー等では演奏してましたが合奏を楽しめる環境では有りませんでした。大学卒業後音楽の教員を約4年程やりましたが、1人対40人の授業で音楽等教えれる物では有りませんし授業は歌唱が中心ですから声楽の勉強をした事の無い私の歌を聞いて一部の生徒から『本当に音楽の先生なの?』聞かれた事も有ります。(2015/08/29 23:48)



教育
これまで育鵬社教科書を使っていた愛媛県今治市教委が不採択を決定した
 歴史修正主義の立場に立つ育鵬社の歴史・公民教科書を採用する教育委員会がじりじりと増えている中で、愛媛県今治市教育委員会がこれまで採用していた育鵬社の教科書の採用を取りやめ、東京書籍の教科書に切り替える決定をした。長年教科書問題めぐる運動をしてきた「「えひめ教科書裁判を支える会」の運動が実ったものだ。しかし新規に松山市・新居浜市教委が、育鵬社(歴史)を採択した。(大野和興)(2015/08/29 21:17)



反戦・平和
「安倍政権の戦争準備を阻止し、世界中のあらゆる戦争に加担することを拒否する」と、学生たちが無期限ハンストを開始
 「安倍政権が今国会で成立をもくろんでいる安保法制は、国内の多くの憲法学者が指摘するように明白な違憲立法であり、法学上のクーデターと言うべきもの、一切の正当性もなく、拒絶する以外にない」「では、法案阻止のために自分たちは何をすればいいのか…」高校生を含む学生11人が考えたのが抗議の「ハンガーストライキ」。8月27日午後2時から、東京・永田町の参議院議員会館前で無期限のハンストを開始した。(上林裕子)(2015/08/29 20:48)



世界経済
中国経済 不安定さの原因は米ドルとの為替レートの調整にある? バブル崩壊か、調整局面か
 中国の株式市場が急落したり、また反発して高騰したりしてこのところ、変動しており、日本の新聞でも中国バブル崩壊による世界恐慌に再突入か、といったセンセーショナルな見出しも目に付きます。これに関して、アメリカのエコノミストの中からドルと人民元の間の為替の調整局面である、というマクロ的な見方が提出されています。ジョンズ・ホプキンズ大学教授のスティーブ・ハンケ教授はこう指摘しています。(2015/08/29 02:27)



安倍政権を検証する
戦後70年の安倍談話と米・外交問題評議会
 安倍首相の戦後70年談話は英国など海外の新聞やインターネット空間で様々に批判されているが、同時にマスメディアの支持率調査によると、これによって安倍首相の支持率が少し回復したとされる。共同通信の世論調査では安倍内閣の支持率が7月の37.7%から43.2%に反転上昇した結果となった。参議院の安保関連法案特別委員会では質問に立った自民党の森まさこ議員がそのことで安倍首相を絶賛していたのも記憶に新しいところだ。森議員は安倍首相が談話に「反省、お詫び、侵略、植民地」という4つのキーワードをすべて盛り込んだことを称えた。当初は「お詫び」はしない、と見られていた安倍首相だったが、最終局面でそれらを加えて、その結果、支持率が一定程度回復した。そればかりではなかった。韓国やその他のアジアの国からも一定の評価を与える声明が出たのだった。(2015/08/28 17:21)



脱グローバリゼーション
TPP交渉の行方、限りなく不透明に 日米両政府に焦り、交渉枠組み改変論まで飛び出す
 TPP交渉は次の閣僚会議の日程もつまらないまま月を越して9月を迎える。TPP交渉のこれからの展開はどうなるのか。いくつかの要素を組み合わせながら考えてみた。9月中旬までに全体会合・閣僚会議が設定されれば、年内合意の可能性は消えないが、それを越すと日米両国の政治情勢も絡み、TPP交渉は漂流の可能性が濃厚になる、という見立てが有力だ。(大野和興)(2015/08/28 16:18)



農と食
欧州食品安全機関 ネオニコのミツバチへの危険性を確認
  欧州食品安全機関(EFSA)は8月26日、ネオニコ系農薬のイミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサムについて行ってきた、マルハナバチを含むミツバチ類へのリスク評価の一部を公表した。EFSAは、3種類のネオニコ系農薬の葉面散布が、ミツバチ類にとって大きな危険があることを確認したとしている。これら3種類のネオニコ系農薬は、一部を除き2013年12月から2年間の使用禁止とし、15年12月までに結論を出すとしていた。(有機農業ニュースクリップ)(2015/08/28 14:39)



地域   コラム
「嬬恋村のフランス料理」5 衝撃的なフォワグラ 原田理(フランス料理シェフ)
  最近ではいろいろと、良い面悪い面が取りざたされることが多いですが、フランス料理にとってなくてはならない食材、それが「フォワグラ」です。賛否両論ある中で、今回は勇気を持ってフォワグラについて書くことにしました。書籍で呼んで知ってはいたものの、実際にフォワグラを食べたのは、修行時代にシェフが焼いたものを食べさせてもらったときでした。今でもわすれない、衝撃的にうまかったことを覚えています。(2015/08/27 21:56)



反戦・平和
インド軍兵士 南スーダンPKOの悲劇 PKO大国インドの苦悩 2度の攻撃で8人以上が死亡との報道 政府・防衛省は駆けつけ警護を検討中
  実は南スーダンのPKOではすでに他国のPKO派遣隊員の悲劇が起きていた。南スーダンに駐留しているインド軍のケースだ。インド軍は少なくとも過去に二回、戦闘に巻き込まれて士官や兵士が死亡している。インドは8000人以上のPKO人員を世界各地に派遣しているPKO大国だが、戦後のインドPKOの歴史においても最大級の悲劇の舞台となったのが南スーダンだ。(2015/08/27 20:01)



【集団的自衛権問題研究会】8月26日に行われた参議院特別委員会の一般質疑
 8月26日に行われた参議院特別委員会の一般質疑のダイジェストをお送りします。気が着くと第30号となりました。今回もずさんな答弁が続出しました。誰でも分かる間違いを認めない中谷大臣。安倍首相がパネルを掲げて強調した、邦人が乗る米艦防護の物語も、すっかりメッキが剥がれてしまいました。この時期に至っても、政府側から何ら説得力のある答弁はありません。もう限界ではないでしょうか。特別委員会の今後の審議日程は未定です。8月26日の質疑後の理事懇談会でも決まりませんでした。当初、与党は28日(金)の参考人質疑を提案していましたが、野党は時期尚早と反対し、メドはたっていません。政府与党は追い詰められつつあります。明日以降どうなるのか、注視していきましょう。(【集団的自衛権問題研究会 News&Review :特別版 第30号)(2015/08/27 14:53)



橋本勝の21世紀風刺絵日記
247回 読売も産経も高評価です、安倍談話
ああ、よかった、よかった、よかったね/戦後70年談話/アベちゃん、なんとか やりとげた/村山談話を継承しているように見せかけて/それでも歴史修正主義、日本の戦争は間違っていなかった、の思いも/そっと忍ばせた苦心の作文なのさ(2015/08/27 14:37)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■≪twitterから≫議員枠未公開株売買の武藤貴也衆議院議員が記者会見

■TPP交渉、前のめりの日本だけが浮き上がってまるでピエロみたいだ 山下惣一

■TPP交渉の行方、限りなく不透明に 日米両政府に焦り、交渉枠組み改変論まで飛び出す

■247回 読売も産経も高評価です、安倍談話

■米軍特殊部隊と自衛隊「特殊作戦群」の共同訓練 沖縄・8月12日の米軍ヘリ墜落事故の波紋

■【SMC発】原発事故で放出されたセシウム、海底堆積物とともに水平移動

■国会10万人集会で、国会議員有志が過剰警備を監視

■【集団的自衛権問題研究会】8月26日に行われた参議院特別委員会の一般質疑

■参議院「安保関連法案」特別委員会を傍聴して 村上良太

■長島昭久著『「活米」という流儀 〜外交・安全保障のリアリズム〜』 民主党・長島議員の外交・防衛政策と安倍政権の外交・防衛政策は極めて近い

■飯坂良明・井出嘉憲・中村菊男著「現代の政治学」(学陽書房) 小選挙区制が有効に作用するには条件があった、だがそれは導入した日本にはなかったものだった

■「安倍政権の戦争準備を阻止し、世界中のあらゆる戦争に加担することを拒否する」と、学生たちが無期限ハンストを開始

■中国経済 不安定さの原因は米ドルとの為替レートの調整にある? バブル崩壊か、調整局面か

■戦後70年の安倍談話と米・外交問題評議会

■ミュージシャンと政治的立場 滝川雅弘(クラリネット奏者)

■【集団的自衛権問題研究会】参議院安保法制特別委員会8月21日質疑

■欧州食品安全機関 ネオニコのミツバチへの危険性を確認

■イエメン、湾岸諸国軍の空爆で民間人の死傷が相次ぐ アムネスティが調査

■【西サハラ最新情報】ISの人買い人と買われ人として活躍するモロッコ人 平田伊都子

■安保法制関連法案は「日米ガイドライン」ための国際法整備なのだ

■日本の皆様にミャンマー民主化運動へのご支援をお願いします

■戦争やんだ! 西置賜集会 村に町に「戦争法案反対」の声

■「女たちの戦争と平和資料館(wam)」で日本初開催! ヤン・バニング写真展 Comfort Women −インドネシアの日本軍「慰安婦」

■ユニクロ中国工場、労働条件改善は遅々として進まず 人権NGOら再び追及

■「知性的」って、どういうこと?

■特攻隊の生き残りだった父を想う 木村結

■「安倍政権と沖縄、そしてアジア」(上) 「日本の戦争犯罪は事実かどうか疑問だと言い張ってきた人物が、今基本的に考え直したとは思えません」 ガバン・マコ―マック

■246回 下がれ、下がれ、安倍の支持率、下がれ

■8月30日 国会前・安保関連法案反対集会 人々の声2 ハンガーストライキ

■本当の怪談、ここに極まれり