広告
広告

menu
xml feed
読者登録
購読料のご案内

団体購読のご案内
購読拡大にご協力を
「支援会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
「大本営」仕様の政治家
AIIBについての記事
朝日は約65万部減
敵対女性トライアングル
安倍首相、イライラ続く
アベノミ、自民の懐肥やす
沖縄防衛局長を告発
サウジも原発
サウジで公開斬首刑
告発ドキュメンタリー


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
沖縄/日米安保/米軍再編
脱グローバリゼーション
市民活動・催し情報
遺伝子組み換え/クローン食品
アフリカ
コラム
みる・よむ・きく
文化
国際
農と食
人権/反差別/司法
環境
科学
検証・メディア
反戦・平和
中東
橋本勝の21世紀風刺絵日記
核・原子力
憲法
中国
政治
医療/健康
経済
ITフロント
欧州
アジア
中南米
地域
イスラエル/パレスチナ
オバマの米国
中東
人類の当面する基本問題
北朝鮮


提携・契約メディア
AIニュース
NNN
消費者リポート
マニラ新聞
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2015年05月24日
2015年05月23日
2015年05月22日
2015年05月21日
2015年05月20日
2015年05月19日
2015年05月18日
2015年05月17日
2015年05月16日
2015年05月15日



News & Features
2015/05/24 22:08:06 更新

沖縄/日米安保/米軍再編
普天間新基地建設に抗議、1万5千人が国会を取り囲んだ
24日午後、普天間新基地基地建設に抗議、1万5千人が国会を取り囲んだ。参加者は青いシンボルカラーを身につけて人間の鎖を作り国会を包囲し基地建設に抗議した.(大野和興)(2015/05/24 22:08)



農と食
仏議会、大手スーパーの食品廃棄を禁止する法案を可決
 フランスの議会は5月21日、大手スーパーマーケットに対し売れ残った食品の廃棄処分を事実上禁止する法案を全会一致で可決した。5月22日のAFP通信が伝えた。(大野和興)(2015/05/24 21:35)



脱グローバリゼーション
米TPA法案を市民団体が批判  「議会の憲法上の貿易権限は奪われるだろう」
TPP(環太平洋連携協定)交渉妥結の前提となっている米国のTPA法案(大統領に貿易交渉の権限を一任する「大統領貿易促進言々法案」は、5月22日、米上院で可決され、審議は下院に移った。反対派が多い下院での審議は難航し、可決されるかどうかは不透明とされている。同時にTPP反対キャンペーンを繰り広げている米国の市民団体パブリック・シチズンの分析によると、同法案は2002年〜2007年のTPA、2014年の法案の焼き直しに過ぎず、米国議会の根強いTPA批判、現在も不透明な議会の情勢などから成立の可能性は低いと断じている。市民団体「TPPに反対する人々の運動」翻訳チームにより訳出されたTPA法案に対するパブリック・シチズンの分析を紹介する。(大野和興)(2015/05/24 20:36)



市民活動・催し情報
福島県郡山市で超党派の「沖縄・福島連帯する郡山の会」が発足
「アメとムチの政策によって福島県に原発を押し付け、結果、重大事故が発生しました。『早く住める地域を返してほしい』という福島県民の願いとは裏腹に、なかなか復興が進んでいません。沖縄県における安全保障問題と福島県におけるエネルギー問題は、『県民の命』という観点からすると、二重基準がまかり通っているという大きな共通点があります」(琉球新報・松元剛報道本部長)東日本大震災から4年が経過するものの、いまだ福島第一原発事故による放射能汚染で日々苦しい生活を強いられている福島県郡山市の市民が今年5月、「『オール沖縄』でたたかう沖縄県民と連帯し、安倍政権の暴走をはねのけ、辺野古新基地建設を阻止して主権と民主主義、地方自治を守るための活動を行う」ことを目標に、思想・信条・党派の違いを超えて結集する市民団体「沖縄・福島連帯する郡山の会」(略称「沖縄連帯郡山の会」)を立ち上げた。(館山守)(2015/05/24 20:14)



遺伝子組み換え/クローン食品
■名古屋大学 GM実験の植物が構内で自生 不活化処理にミス?
  名古屋大学は22日、実験に使った遺伝子組み換えシロイヌナズナが構内5か所で自生しているのが見つかったと発表した。直ちに拡散防止措置をとり、遺伝子実験施設におけるすべての遺伝 子組換え実験の停止したとしている。その上で、原因究明等の調査、再発防止の取り組みを始めたとしている。(有機農業ニュースクリップ)(2015/05/24 13:14)



市民活動・催し情報
5月30日 愛媛で日韓市民共同歴史シンポジウム
 私たちは、韓国はじめ近隣諸国の人びとと理解し合い、平和な関係を築いていくためには歴史認識の共有こそが必要と考え、この間、「日韓市民共同歴史シンポジウム」を重ねて来ました。それは、近代日本の歴史を「関係の歴史」として、東アジアの歴史のなかに位置づけ直すための共同作業であったとも言えます。 アジア・太洋戦争敗戦及び朝鮮植民地支配の終焉・解放70年、日韓基本条約締結50年、そして中学歴史教科書が採択される今年、歴史認識の対立ではなく共有を目指し、この共同シンポジウムを開催したいと思います。(2015/05/24 13:10)



アフリカ
チュニジア・テロ共謀者はモロッコ人 アフリカ移民中継点、モロッコ 平田伊都子
 2015年5月20日、イタリア警察がモロッコ人アブデル・マジードを逮捕しました。 容疑は2015年3月18日に北アフリカにあるチュニジアの首都チュニスで起こったバルド博物館銃乱射テロの共謀者ということです。 記憶に新しいこのテロ事件では邦人3人が巻き込まれたことで、日本中が大騒ぎをしました。 外国人観光客21人と警官一人を殺害し多数を負傷させた実行犯2人のチュニジア人ヤシン・ラアビディとハテム・ハチュナウィは射殺されました。 チュニジア治安当局は事件に関与した容疑者40人以上を逮捕し、首謀者とするロクマン・アブサクラを射殺しました。 事件関係国はテロ容疑者の追跡を続けています。(2015/05/23 13:55)



コラム
象になんの問題が・・・
象になんの問題が・・・。(2015/05/22 22:06)



みる・よむ・きく
自律した反乱に敗北はない 映画『泥の花―名護市民・辺野古の記録』 笠原真弓
 抑えたトーンでの始まりに、最初は戸惑ったものの、見ているうちにいま辺野古で行われている抗議行動の「息の長さ」がわかってくる。2、3年前に同じ輿石監督の「シバサシ」を観た。世界的に石油が高騰した石油危機の反省を踏まえて、石油備蓄基地を金武湾に作る計画が三菱石油主導で持ち上がった(今考えると、この備蓄基地は、米軍のためのような気がする)。その映画を見たとき、市民運動とは、こういうことだと思った。(2015/05/22 16:04)



文化
【核を詠う】(184) 齋藤芳生歌集『湖水の南』から原子力詠を読む(2) 「咲き残る庭の小菊も根こそぎに袋に詰めて除染土と呼ぶ」 山崎芳彦
 前回に続いて齋藤芳生歌集『湖水の南』から原発にかかわる作品(筆者の読み)を抄出、記録させていただく。この歌集には、作者にとっての福島が、原発事故によって放射能汚染に傷つけられた山河、除染作業によって土や樹木をはじめ自然が痛めつけられ、人々の生活のありよう、関係にも複雑な裂け目が作り出されていることを声高にではないが、自らにとってのふるさとの現状との向かい合いによって詠われた作品が多く、読者の一人である筆者の心に深く沁みいり、改めてさまざまなことを考えさせる。前回にも触れたが、作者は震災・原発事故以前に中東のアブダビで三年間暮らし、帰国後、東日本大震災の日に東京で編集プロダクションに就職するための面接を受けていて採用が決まり、約二年半を東京で過ごしたのだが、その間に作った作品の多くが、作品の制作順にではなく編集されたこの歌集の、時間・空間が交錯した構成の中にあって、やはり福島を歌った作品は重く深い。(2015/05/22 15:44)



国際
【北沢洋子の世界の底流】アフリカは北に毎年590億ドルを支払っている
 このほど、ロンドンにある「ジュビリー債務キャンペーン(JDC)」は、アフリカのNGOと協力して、「アフリカは、アフリカを除いた世界に、毎年1920億ドルを支払っている」というタイトルで、研究結果を発表した。これは、アフリカが毎年、受け取っている“援助”の6.5倍にあたる。(2015/05/21 09:07)



農と食
有機農業ニュースクリップ、ネオニコチノイド農薬関連年表を公開
  EUはもとより米国なども、ネオニコチノイド系農薬の規制強化に動いている。1990年代以降のネオニコチノイド系農薬に関連した事項を6つに分類し、年表形式でまとめ、公開した。随時、更新予定。(有機農業ニュースクリップ)(2015/05/20 16:43)



人権/反差別/司法
米国連邦裁判所、通話記録の大規模収集は違法 日本では盗聴強化の法案上程
 米国の連邦控訴裁判所は5月7日、国家安全保障局(NSA)による通話記録の大規模収集は違法との判決を下した。一方日本では盗聴法改正案が5月20日、国会に上程された。弁護士会などが「国家が市民を監視する盗聴社会の到来を招く危険がある」と反対している法案である。国際人権団体アムネスティは「これは米国の監視政策にとって大きな打撃である」と評価している。テロとの闘いを口実にいま世界各国で国民監視の体制が強まっているが、日本の盗聴法改正を含め、米国連邦裁判所の判決は影響を与えそうだ。(大野和興)(2015/05/20 15:50)



環境
太平洋の生態系に異変 米西海岸でイワシ激減、ヒトデや海鳥が大量死…
  北米大陸西海岸で、海の生物に大異変が起きているようである。今年初め頃からのニューヨークタイムズを始め、アメリカ西海岸の地方紙などに魚や海洋動物に次々に異変が起っていることが報道されている。日本沿岸ではどうか。あまり大きく報道はされていないが、報道されていないわけではない。これらの異常事のいくつかを記す。(落合栄一郎)(2015/05/20 13:38)



科学
【SMC発】酵母に麻薬を作らせる新たな手法、間もなく完成? 海外専門家コメント
 アメリカの研究チームは、酵母を利用した新たな麻薬(モルヒネやコデインなど)の合成法を確立しつつあると報告しました。これまで、合成初期に必要な酵素(L-チロシンをL-DOPA(ドーパミンの前駆体)に変換する酵素)が知られておらず、微生物に作らせることは困難でした。今回、研究チームは独自のセンサーを開発することで新たに酵素を同定し、遺伝子を改変した酵母に「麻薬の一歩手前の物質(S-レチクリン)」を作らせることができたとしています。あと1段階で麻薬に変換できるため、ブドウ糖を原材料にして生産する道が開けると考えられます。論文は5月19日付けのNATURE CHEMICAL BIOLOGYに掲載されました。本件についての海外専門家コメントをお送りします。(サイエンス・メディア・センター)(2015/05/19 20:38)



国際
【北沢洋子の世界の底流】IMFはギリシャへの融資で25億ユーロの儲け
 ギリシャは4月9日、IMFに4億6,200万ユーロを返済した。これはギリシャ政府にとっては、血の出るような思いであった。英国の「ジュビリー債務キャンペーン(JDC)」によると、IMFは、010年以降、今年4月までに、ギリシャへの融資で、25億ユーロの利益を上げたと言って.いる。そして今後ギリシャが返済を続けるならば、その利益は43億ユーロに上るだろう。(DebtNet通信から)(2015/05/19 20:28)



検証・メディア
間が悪いことに、オスプレイが墜落した日、読売社説は「安全」を強調
 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが17日、ハワイ・オアフ島にあるベローズ空軍基地の訓練区域で訓練中に着陸事故を起こした。乗っていた22人のうち1人が死亡し、残る21人全員が病院に搬送されたという。同じ17日、読売新聞社説は「米軍オスプレイ 横田配備で即応力が向上する」と題する社説を掲げ、「残念なのは、依然として、オスプレイの安全性に問題があるかのような誤解があることだ」と安全性を強調していた。どうつじつまを合わせるのか、ひとごとながら気になる。(大野和興)(2015/05/18 16:15)



アフリカ
【西サハラ最新情報】日本外交官モロッコ占領地・西サハラを初訪問 平田伊都子
 モロッコ爆撃機が湾岸有志連合軍に参戦してイエメンを空爆したのに驚いていたら、その爆撃機が湾岸有志連合と戦っているイエメン有志軍に撃墜されたので、また驚きました。 そんなところへモロッコ占領地・西サハラの友人から、「日本の外交官4人がモロッコ占領地・西サハラへやってきて、我々、被占領民と会った」と、伝えてきたのです。 もう、歴史的驚き!! いよいよ、日本の外務省が西サハラ紛争のネゴNegotiation交渉に向けて動き出したのでしょうか?、、 5月に入って慌ただしくなった西サハラとモロッコと日本の動きをお伝えします。(2015/05/18 07:53)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■間が悪いことに、オスプレイが墜落した日、読売社説は「安全」を強調

■【北沢洋子の世界の底流】アフリカは北に毎年590億ドルを支払っている

■田宮高麿氏の死は粛清だった? 死の数日前に金正日と怒鳴り合い 

■太平洋の生態系に異変 米西海岸でイワシ激減、ヒトデや海鳥が大量死…

■現代の若者から見た慰安婦問題(3)〜挺対協の活動を聞いて感じたこと〜

■「慰安婦」問題は「日本政府への提言」をベースに解決できる! 〜問われる日本政府の対応〜

■市民運動と「楽しさ」 ベトナム戦争終結から40周年

■パリ国際大学都市日本館館長のパソコンが盗まれ、怪しい仏語メールが館長名で送信される

■戦災傷害者の無念を描くドキュメンタリー映画「おみすてになるのですか 〜傷痕の民〜」 (短縮して再掲載)

■241回 言ってたまるかとアベちゃんは・・・・

■戦災傷害者の無念を描く  ドキュメンタリー映画「おみすてになるのですか〜傷痕の民〜」  村上良太

■自律した反乱に敗北はない 映画『泥の花―名護市民・辺野古の記録』 笠原真弓

■米国連邦裁判所、通話記録の大規模収集は違法 日本では盗聴強化の法案上程

■【SMC発】握力が弱いと、寿命が短く、心臓発作や脳卒中のリスクが大きくなる

■テレビ東京のドキュメンタリー人間劇場「みすてられてなるものか 〜ハイカラおばぁちゃんの熱い日々〜」(1999年、山本洋子演出)

■戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会の行動予定

■米議会で審議中のTPA法案の概略 米国のTPP戦略と利害が前面に

■「戦争報道」の在り方を問う力作 池田龍夫

■田宮氏粛清説は「でっち上げ」 よど号グループが新潮記事に反論

■有機農業ニュースクリップ、ネオニコチノイド農薬関連年表を公開

■【北沢洋子の世界の底流】IMFはギリシャへの融資で25億ユーロの儲け

■EU委員会 GM食品・飼料禁止を加盟国に委ねる改正案を提案

■TPP阻止、市民運動の動き

■イエメン危機解決交渉にイランの参加は不要 アルジャジーラの読者観

■「沖縄からのメッセージ」 辺野古新基地建設問題で日本平和学会が緊急集会

■食料自給力とは何か その背景を考える

■ 世界の論文を読みこんだネオニコ農薬の総合的評価書の翻訳が完成 無料で公開

■サウジ王家に亀裂が表面化 ムジュタヒド情報

■世界の歴史学者が安倍首相に公開書簡 「慰安婦」制度は20世紀の特筆すべき事柄

■240回 泣け、泣け、思い切り泣け、原発よ!!