広告
広告

menu
xml feed
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
「安倍やめろ」で即排除
社民党の灯を
ヤジの市民を道警が
「池田先生の教えに
2島返還協議入りも拒否
著名人が続々と投票に
党名再び言い間違え
たとえ干されようとも
萩生田氏、出産功績発言を
『真実の終わり』


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アフリカ
労働問題
欧州
社会
農と食
政治
人権/反差別/司法
橋本勝の21世紀風刺絵日記
文化
アジア
コラム
関生反弾圧市民情報センター
検証・メディア
みる・よむ・きく
反戦・平和
難民
中国
国際
遺伝子組み換え/ゲノム編集
市民活動
TPP/脱グローバリゼーション
沖縄/日米安保
外国人労働者
スポーツ
憲法
移民大国ニッポン
教育
中東
核・原子力
司法


提携・契約メディア
労働情報
AIニュース
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2019年07月18日
2019年07月17日
2019年07月16日
2019年07月15日
2019年07月14日
2019年07月13日
2019年07月12日
2019年07月11日
2019年07月10日
2019年07月09日



News & Features
2019/07/17 17:01:26 更新

アフリカ
【西サハラ最新情報】  モロッコの麻薬放置、国連安保理に告発される  平田伊都子
 2019年6月29日にMWN(モロッコ世界ニュース)が、「UNDOC(国連薬物犯罪事務所)が、世界最大のハシシ産出国はモロッコだと報告」と、報道しました。 2017年のモロッコ・ハシシ総生産量は3万5千703トンで、ヨーロッパのハシシ消費量の70%以上をモロッコ産が占めているそうです。 MWNによると、ハシシ生産はモロッコ北部の貧しいリーフ山地に集中しているそうです。 ハシシは、ハシッシュ、カナビとも呼ばれます。 モロッコ産ハシシは、地中海を渡りヨーロッパへ、モロッコ占領地西サハラから砂の壁。地雷防御壁を越えて西サハラ砂漠からアフリカへと、密輸されています。 先週の7月第二週には、スペインで2件、西サハラ解放区で2件、モロッコ産ハシシが摘発されました。 その一方で、MWNはモロッコ王女一行の豪華バカンスを詳細に伝えています。(2019/07/17 17:01)



労働問題
介護労働者の地位向上を目指して〜共に生きられる社会に向けて〜
安倍政権により介護保険の改悪が行われたことで、介護等の業務に従事する人々が疲弊している。高齢化社会で介護の需要が高まる一方であるにも関わらず、介護従事者の地位向上は中々進まない。このような状況を変えるべく、6月末、東京都内において「今こそ 高齢者・しょうがいしゃ・介護労働者が共に生きられる社会へ」と題した集会が開催された。(2019/07/17 05:45)



欧州
移民問題に関する内務大臣サルヴィーニの発言 〜 チャオ!!イタリア通信(7)
42人の難民を乗せた非政府組織の船「sea watch 3」が、イタリアのランペドゥーザ島に上陸するのをイタリア政府から禁止され、6月12日から約2週間、地中海で足踏み状態となった。(サトウ・ノリコ=イタリア在住)(2019/07/16 23:39)



社会
私の昭和秘史(16) 昭和とはやはり妖怪の跋扈した時代だったのか  織田狂介
 本稿を書き始めた前後、まことに不思議なことに、まるで符節を合わせたかのように「大平洋戦争」もしくは「戦争」という命題への論議が活発となり、さらには国歌(君が代)と国旗の問題が、大きな社会的事件にまで発展しようとした。然し、いつしかこの論議も、いつもの通り、再びトコトンまで論じ合うに至らず、ウヤムヤになろうとしている。こうした風潮のなかで、私は野田正彰氏(比較文化精神医学の権威)の近著『戦争と罪責』のなかで、「戦争にかかわった世代が、侵略戦争の実態を否認している。そんな環境の中で失われのは、何が起きたのかを具体的に実証的に調べる姿勢である・・・」と指摘し、「今なすべきことは、本当のことを知っているという“事実”を戦争経験者に問いかけてみることである」といっていることが、私にとっては、非常に大事なことではないのかと思うのである。(2019/07/16 23:07)



農と食
厚労省、ネオニコ系農薬チアクロプリドの残留基準値案について意見公募  国際基準と比べ高め
 厚労省は6月30日、ネオニコチノイド系農薬の一つチアクロプリドの残留基準値について意見公募を始めた。示された残留基準値は、新たに小麦と小松菜に基準値が設定されたほか、多くの野菜類の基準値が下げられた。茶は30ppmが25ppmに引き下げられたがまだ高い。一方で、牛・豚肉類が引き上げとなり、鶏肉が新設された。今回の見直しは、小松菜についての農薬適用申請を受けたもので、食品安全委員会は昨年10月、健康影響評価書を決定していた。意見公募の締切りは7月30日。(有機農業ニュースクリップ)(2019/07/16 22:56)



政治
れいわ新選組の演説を聞きに来た人に聞いた   
れいわ新選組についてTVがほとんど無視しているというので、日刊ベリタで少しでも知りえたことを書いています。昨日のJR中野駅前の演説会では公明党の山口那津男代表に挑戦している沖縄の創価学会員の野原ヨシマサ氏と代表の山本太郎氏が演説を行いました。駅前は聴衆でいっぱいになり、駅への階段も座り込む人たちが連なっていました。聞きに来たある男性に「なぜれいわ新選組の話を聞き来たのか?」と聞くと、こう答えました。(2019/07/16 13:38)



政治
れいわ新選組・山本太郎氏がなぜ創価学会員を候補者に選んだか
4月に新党「れいわ新選組」を立ち上げ、山本氏も含め異色の候補者10人を参院選に投入した山本太郎氏。中でも沖縄で基地反対運動に取り組んできた創価学会員の野原ヨシマサ氏を、東京選挙区から立候補させ、基地建設を進める自民党に追随してきた公明党の山口那津男代表と競わせたことで日本中をあっと言わせた。今まで恐らく誰も思いつかなかった妙手である。(2019/07/15 22:33)



みる・よむ・きく
エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ著「自発的隷従論」〜生まれながら自由を知らない人々は自由を求めない〜
最近、フランスの新しい政治運動に参加した人々と話をしていると、エティエンヌ・ド・ラ・ボエシが書いた「自発的隷従論」の話がしばしば出てくる。「自発的隷従論?いったいそりゃ何だ?」と思ってインターネットで検索してみると、驚いたことに邦訳も出ていた。しかも、なんと2013年の秋に初版が翻訳出版されていた。これはすごい!実際に中世フランス語から翻訳したのが山上浩嗣氏で、山上氏に出版しないかと持ちかけた東京外大の西谷修氏である。タイミングを振り返って思えば、両者の時代を察知するセンスに脱帽するのである。(2019/07/15 21:29)



人権/反差別/司法
ハンセン病家族訴訟、 控訴せず 安倍の”ドヤ顔”より救済制度の創設を  根本行雄
 ハンセン病の患者に対する誤った隔離政策で家族も差別され被害を受けたとして、元患者の家族500人余りが国を訴えた集団訴訟で、熊本地方裁判所は6月28日、元患者だけでなく、家族が受けた損害についても国の責任を認める初めての判断を示し、国に賠償を命じる判決を言い渡した。これに対して、安倍総理は「筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆様のご苦労をこれ以上長引かせるわけにはいかない」として、控訴しないことを表明した。この判断は、参議院選挙をにらんだ安倍総理の「パフォーマンス政治」による決断だろうが、素直に喜んでおくことにしよう。ハンセン病家族訴訟の原告・弁護団は7月12日、控訴せず訴訟を終結させる方針を明らかにした。(2019/07/15 12:37)



農と食
豪州:反ラウンドアップ争議に勝利 グリホサートは労働安全でも問題
 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ブラックタウン市の現業労働者はグリホサートの使用中止と代替品の使用を求め、7月3日からごみ収集と屋外メンテナンス作業のストライキに入っていたが、市当局が有機代替品の試行に同意した。世界的にも初めてとも思える反ラウンドアップ争議だが、まずは労働者側の勝利で結着した。公園などの公共エリアでのグリホサート除草剤の使用中止は、実際の作業に当たる労働者だけでなく、利用する市民の健康にもよい影響を与える。(有機農業ニュースクリップ)(2019/07/15 11:59)



政治
自民党議員たちの女性への出産奨励発言は安倍総裁への反旗の徴か
このところ自民党議員たちが<子供を3人くらい産むように>、とか、<最大の功績は子供を作ったこと>などの発言を行っている。これらの発言は女性への侮蔑だ、とか、遅れた発言である、と野党議員たちから一斉に批判を浴びている。しかし、もしかすると、一見、一枚岩に見える自民党議員たちの中に渦巻く、安倍首相への不満が、このような歪んだ形で表出している可能性はないだろうか。(2019/07/14 22:39)



橋本勝の21世紀風刺絵日記
330回 「日の丸」ではない「秘の丸」掲げて選挙するアベ自民党
参院選挙も終盤となりました 衆参同時選とならなかったものの 日本の政治のこれからを左右する重要な選挙です 安倍一強政治は続くのか与党は改憲に必要な3分の2を維持し続けるのか・・・・ ところで今回の選挙で興味深かったのが選挙での首相の遊説スケジュールが極秘扱いになっていることです 自民党のホームページを見ても首相の予定は記載されていないのです(2019/07/14 11:43)



農と食
米国バーモント州 事業者にネオニコ使用を限定する州法を制定
 米国バーモント州議会は5月8日、ネオニコチノイド系農薬の使用を訓練を受けた事業者に限定する州法を可決し、5月28日には知事が署名し正式に発効した。この州法により2019年7月1日以降、個人使用が禁止された。(有機農業ニュースクリップ)(2019/07/14 11:16)



文化
フランス革命記念日に向けてフランソワ・リュファン(映画監督・ジャーナリスト・国会議員)がパンク版を披露
 7月14日はフランスで1789年に起きた革命の記念日です。その象徴が革命の進軍の歌、「ラ・マルセイエーズ」。国歌になっていますが、これまで様々な歌手が権力批判のパロディ版を歌ってきました。今年話題になっているのが、ジャーナリスト・国会議員で映画監督でもあるフランソワ・リュファンとパンクバンド「La Horde」による「僕のマルセイエーズ」です。このパロディ版では市場経済至上主義が押し付けてくる様々な消費主義の「モラル」が徹底的に批判されています。(2019/07/14 09:41)



政治
安倍晋三・三原じゅん子出演の「自民党政見放送・本音版」 澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士
なっていることを教えられて、本日(7月12日)初めて、ユーチューブで閲覧した。16分の我慢というより苦行だったが、なるほどこれはひどい。正視に堪えない。三原じゅん子が、安倍晋三をインタビューする形式だが、考え得る限りでの最悪の人選。このコンビは、これ以上はない最悪の組み合わせ。聞いていて気持ちが悪くなる。異臭漂うがごとき胡散臭さだ。(2019/07/14 00:01)



政治
参院選の野党共闘の合意13項目の第1項目 〜憲法第9条「改定」への反対〜 戦争リスクの排除が家計底上げ政策を保証
今回の参院選でも野党協力が行われていますが、その要として市民連合が間に入った形で13項目の政策協定が結ばれています。この中には最低賃金1500円を目指し、8時間働けば暮らせるルール作り、という今熱く語られている経済政策も入っています。しかし、1項目目には憲法9条の改定への反対が記載されています。さらに2項目には安保法制の廃止が盛り込まれています。これらは一見、最低賃金の引上げなどと比べると、多くの人には少し遠いテーマのように見えるかもしれません。(2019/07/13 19:34)



みる・よむ・きく
加藤晴久著「『ル・モンド』から世界を読む 2001ー2016」
藤原書店から出版された加藤晴久著「『ル・モンド』から世界を読む 2001ー2016」はいろんなことを筆者に思い出させてくれた興味深い一冊です。本書はフランスの夕刊紙ル・モンド(Le Monde)の記事の切り抜きをもとにフランス文学者の加藤晴久東大名誉教授が時々の思いをつづる、というスタイルになっています。まず興味深いのがここで取り上げられた時間が2001年というシンボリックな年号から始まっていることで、それはあの9・11同時多発テロが起きた年だということです。(2019/07/13 14:36)



政治
れいわ新選組 「れいわ祭」 政治の新しい風 〜日本社会を象徴する町の候補者たちが続々登壇〜
れいわ新選組の「れいわ祭」が品川駅前で12日の夕方行われています。冒頭、創設者の山本太郎議員が登壇し、消費税をゼロにして、その財源は富裕層や大企業などへの累進制度を当てればおつりが9兆円来ると語り、その9兆円を学生の借金をチャラにすることに使っていいですか、と問いかけました。大きな反響の中、今回の参院選の候補者が次々と登壇中です。(2019/07/12 18:13)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■れいわ新選組 「れいわ祭」 政治の新しい風 〜日本社会を象徴する町の候補者たちが続々登壇〜

■自民党議員たちの女性への出産奨励発言は安倍総裁への反旗の徴か

■安倍晋三・三原じゅん子出演の「自民党政見放送・本音版」 澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士

■米国の市民運動 ネオニコ系農薬12剤の登録取消を勝ち取る

■愛読する新聞を政府広報誌にしないためには買い支える必要がある

■保坂展人世田谷区長 「不足額は『2000万円』どころじゃない」

■日本の資本主義の危機と冷笑主義の人々

■「日米同盟」破棄がトランプへの答えだ  Bark at Illusions