広告
広告

menu
xml feed
読者登録
購読料のご案内

団体購読のご案内
購読拡大にご協力を
「支援会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
「自爆解散」
「永遠にゼロ」
「殉愛」が問題に
秘密保護法違憲訴訟
衆院沖縄全4区
総選挙で裏目に出る!?
大企業間にも格差
ヨーゲンの正体(後編)
「ヨーゲン」の正体
ガルガンチュア


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
文化
政治
中東
コラム
みる・よむ・きく
アフリカ
社会
医療/健康
欧州
国際
市民活動・催し情報
遺伝子組み換え/クローン食品
農と食
科学
橋本勝の21世紀風刺絵日記
ITフロント
中国
オバマの米国
核・原子力
環境

検証・メディア
北朝鮮
脱グローバリゼーション
沖縄/日米安保/米軍再編
アジア
反戦・平和
イスラエル/パレスチナ
人権/反差別/司法
安倍政権を検証する
地域


提携・契約メディア
AIニュース
NNN
消費者リポート
マニラ新聞
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2014年11月24日
2014年11月23日
2014年11月22日
2014年11月21日
2014年11月20日
2014年11月19日
2014年11月18日
2014年11月17日
2014年11月16日
2014年11月15日



News & Features
2014/11/24 20:03:21 更新

文化
中国人の作家が習近平・国家主席の文学談話をニューヨークタイムズで批判  習国家主席の文芸活動座談会の影響力について警告  
  中国人の作家、慕容雪村(ムーロン・シュエツン)氏がニューヨークタイムズ紙上で習近平・国家主席の文学に対する見解を批判した。このコラムは習近平・国家主席が北京で招集した「文芸活動座談会」における談話に対する批判である。シュエツン氏によれば習近平・国家主席は市場主義経済のもとで出版されている俗悪な文学を批判し、社会主義に奉仕する文学が求められていると語ったとされる。(2014/11/24 20:03)



中東
テロリストの花嫁  首切られる人も首切る人も慰安婦も、みんな欧米人  平田伊都子
「娘をイスラム国から連れ戻した!」と、モニクという名のオランダ女性が花々しくマスコミに登場しました。 BBC英国TVなどが伝えるところによると、モニクの娘はアイシャというイスラム式源氏名を持つハイテイ―ンで、イスラム戦闘員と結婚するために、今年の2月にイスラム国が支配するシリアのラッカへ入りました。 この数か月間、イラクやシリアに入ったヨーロッパ・ハイテイ―ン花嫁が多数いるそうです。 <アイシャ>とは、イスラム教教祖モハメッドの娘の名前です。 ちなみにイスラム教に改宗したアントニオ・猪木議員のイスラム名は、モハメッド・フセインです。(2014/11/23 16:00)



コラム
アベノミクスとレーガノミクスと保守革命 〜アベノミクスの正体〜
 ・・・こうしてみると、アベノミクスは1980年代に推進されたレーガン政権によるレーガノミクスに本質的に近いことがわかる。レーガン政権の場合はデフレではなく、インフレとの戦いだったが、意外にも両者の経済政策は似ている。それは新自由主義という点においてである。(2014/11/22 10:32)



コラム
ソ連と自民党
  時は1987年。ソ連崩壊の4年前のこと。筆者の所属する大学の刑法ゼミにソ連から訪れた検事が参加したことがあった。40代くらいの中堅の男で、ゼミの教授が刑法以外にソ連・ポーランド法の専門家でもあったからである。(2014/11/21 00:13)



みる・よむ・きく
フランス人が福島を歌う 「福島 わが愛」
  フランス人のギタリスト、クリーフ・エルベ氏が原発事故に苛まれる福島の人々への思いを1つの歌にした。題は「福島 わが愛」。(2014/11/20 18:55)



みる・よむ・きく
本谷有希子作 「生きてるだけで、愛。」  巧みな語りを通して露わになる現代日本
   本谷有希子氏の小説「生きてるだけで、愛。」を読んだ。あまりに面白かったために外国の友人にも教えたいと思い、タイトルを英語にしようとして、立ち止まってしまった。「生きてるだけで、愛」。これをどう訳したものだろう。愛して欲しい、ということか。人によって解釈は違うかもしれない。本谷氏のこの小説の面白さは若い女性の主人公のキャラクターにあると言っても過言ではない。(2014/11/20 15:18)



アフリカ
【西サハラ最新情報】 マドリッドで西サハラ支援デモ、数千人 平田伊都子
「2014年11月14日から16日にかけて、スペインのマドリッドで西サハラ支援ヨーロッパ会議やデモが華華しく繰り広げられた」と、マドリッドの西サハラ代表部が伝えてきました。 「これはお報せしなくては!」と、原稿を書き始めたのですが、日本では衆議院選挙、エルサレムではユダヤ教の礼拝所シナゴーグが襲われ、国内も国外も騒然としてきました。 特に血生臭い事件に目ざといイスラエル首相ネタニアフは、待ってましたとばかりにこの機を利用して、「パレスチナ人はテロリスト・キャンペーン」を張り始めました。 せっかくの西サハラ・ネタでしたが、欧米のマスコミはあまり取り上げなかったようです。 が、SJJAはお伝えします。 ネタニヤフ・キャンペーンに呼応して、モロッコも西サハラ・テロリスト・キャンペーンを張り始めました。それもお伝えします。(2014/11/20 10:00)



社会
風俗で働くということ(下)
  2014年1月27日に放送されたNHKクローズアップ現代では、20代のシングルマザーの約80%が年収114万円未満の貧困状態に置かれている現状を指摘し、「託児所付きの風俗店がシングルマザーのセーフティーネットとなっているケース」を紹介して社会に衝撃を与えた。実際はどうなのか、シングルマザーで数年前まで寮付きの風俗店で働いていた女性に、働いていた頃の店や寮での様子、どのように風俗を辞めたのかをインタビューした。インタビューするAさんは、シングルマザーで、数年前まで首都圏にあるピンサロ(フェラチオを提供する店)やファッションヘルス(個室でSex以外の性的サービスを提供する店)で働き、現在は医療事務の職に就いています。今回は、Aさんに、働いていた頃のファッションヘルスや寮での様子や、どのように風俗を辞めたのかを話してもらいます。(能村哲郎)(2014/11/19 06:32)



医療/健康
夜勤ナースの独り言(21)
 この世にガンという病気がなければみんな幸せですか? 日本人の3人に1人はガンで亡くなる時代だそうです。どこの病院に勤めていても末期のガン患者に遭遇するので、ガン患者との関わりを通じて人間の最後について改めて考えさせられる機会が多くあります。 私の父も数年前に胃ガンで亡くなりました。(れいこ)(2014/11/19 01:00)



安倍政権を検証する
安倍首相 「税は議会制民主主義の基礎である」
  安倍首相は今夜のNHKの9時のニュース「ニュースウォッチ9」に生中継で出演し、衆院解散の理由について説明した。その中で最も耳についたのは「税は議会制民主主義の基礎である」という言葉だった。(2014/11/18 23:09)



社会
風俗で働くということ(上)
 2014年1月27日に放送されたNHKクローズアップ現代では、20代のシングルマザーの約80%が年収114万円未満の貧困状態に置かれている現状を指摘し、「託児所付きの風俗店がシングルマザーのセーフティーネットとなっているケース」を紹介して社会に衝撃を与えた。実際はどうなのか、シングルマザーで数年前まで風俗店で働いていた女性に、風俗で働き始めた動機や働いていた頃の店での様子をインタビューした。(能村哲郎)(2014/11/18 22:59)



文化
【核を詠う】(特別篇) 歌集『廣島』を読む(9) 「北支那の父は帰らず妹と原爆症の母をみとりぬ」 山崎芳彦
 歌集『廣島』を読んでいるのだが、そのさなか、九州電力の川内原発の再稼働に鹿児島県の伊藤祐一郎知事と県議会が同意したと報じられた。先に立地自治体の薩摩川内市が再稼働に同意していることから、安倍政府の原発稼働、他国への原発輸出促進政策の下、立地地域のみならず広範な周辺住民の不安と反対、さらに全国的な原子力社会からの脱却を望む人々の願いと意思を無視して、原発列島再稼働の突破口にされようとしていることに、広島、長崎への原爆投下によって殺された人びと、生き延びてもなお塗炭の苦しみを、今もなお苦しんでいる人々とともに、激しい怒りと、各地の原発再稼働を、おそらくこれから相次いで進める安倍政権とその同伴勢力を、権力の座から追放することへの決意と覚悟を新たにしなければならないと、強く思う。(2014/11/18 21:49)



安倍政権を検証する
9時のNHKニュース 安倍首相の弁明に貢献 安倍首相の話したいことだけを語らせる
  国会解散。NHKの9時のニュースは安倍首相の中継に多くの時間を与え、安倍首相が語りたいことだけを十分に語りつくさせている。緊張感はゼロ。(2014/11/18 21:17)



安倍政権を検証する
経済学者・伊藤元重教授(東大大学院)がアベノミクスに80点
  東京大学大学院の伊藤元重教授(経済学)がテレビ東京のニュース番組、ワールドビジネスサテライトに出演し、アベノミクスを評して100点満点の80点をつけた。80点と言えばかなりな成功と言えよう。(2014/11/18 15:48)



欧州
「バイ マイ アベノミクス」の顛末 日本の景気後退を欧州紙が報道
  イタリア紙が載せた写真は安倍首相の暗い顔。今日、7月から9月までのGDPが年率に換算して1.6%減少、と日本経済の景気低迷が明白になったからだ。庶民はそんなことは言われるまでもなく体感していることだが、ここに来て統計数値ではっきりと示された。(2014/11/17 17:09)



国際
国連制裁と国際制裁の得手勝手 イラク戦争とG20 平田伊都子
 2014年11月13日、ロシアのプーチン大統領は、オーストラリアで開催のG20首脳会議出発を前にして、タス通信の取材に応じました。 「ウクライナ問題に絡む対ロシア経済制裁は国際法に違反し、世界貿易機関(WTO)の精神やG20という経済サミットの意義にも反する」と、ロシア虐めを企むG20の欧米首脳に、牽制球を投げました。 そしてプーチンは、意地悪な虐め首脳たちが手もみをして待ち構えているオーストラリアのブリスベンへ、雄々しく突っ込んで行ったのです。  G20経済サミットには、中国、ロシア、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、カナダ、イタリア、日本、アルゼンチン、 オーストラリア、ブラジル、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、 サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、の20か国と欧州連合や欧州中央銀行が参加して、11月14日から16日まで開催されました。 ロシアが科せられている経済制裁は国際連合によるものではなく、 欧米による国際制裁です。 ロシアとイラクの事例で、<制裁>という虐め問題を考えてみたいと思います。(2014/11/17 15:53)



政治
沖縄県知事選 翁長雄志候補が当選 普天間基地の辺野古移設に反対
  沖縄県知事選で、普天間基地の辺野古移設に反対する翁長雄志候補が当選した。(2014/11/16 21:12)



みる・よむ・きく
ミハイール・バフチーン著「フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化」
  現代では季節の祝祭は衰退の一途をたどっている。しかし、ミハイール・バフチーンは「フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化」の中で、祝祭の持っていた意味についてラブレーの作品をもとに触れている。(2014/11/16 19:19)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■風俗で働くということ(下)

■沖縄県知事選 翁長雄志候補が当選 普天間基地の辺野古移設に反対

■「バイ マイ アベノミクス」の顛末 日本の景気後退を欧州紙が報道

■ソ連と自民党

■風俗で働くということ(上)

■9時のNHKニュース 安倍首相の弁明に貢献 安倍首相の話したいことだけを語らせる

■安倍首相 「税は議会制民主主義の基礎である」

■夜勤ナースの独り言(21)

■経済学者・伊藤元重教授(東大大学院)がアベノミクスに80点

■西洋料理は健康にも環境にも良くない Nature誌に掲載

■【SMC発】歯科医の医療ミスで、2万人以上の患者が呼び出し対象に ウイルス感染の疑い

■クロード・ランズマン著 「Un vivant qui passe(生者が通る)」 記憶を掘り起こすファシズムとの戦い

■本谷有希子作 「生きてるだけで、愛。」  巧みな語りを通して露わになる現代日本

■厚労省:モンサントのGMスイートコーン2品種を承認

■映画「日本国憲法」(ジャン・ユンカーマン監督)

■ドキュメンタリー映画「日本と原発」

■無人飛行体ドローンによる原発攻撃の可能性 フランス誌が掲載

■【西サハラ最新情報】 マドリッドで西サハラ支援デモ、数千人 平田伊都子

■国連制裁と国際制裁の得手勝手 イラク戦争とG20 平田伊都子

■雨傘運動と89年民主化運動 似ているところ 違うところ 區龍宇

■【SMC発】人類史上初、探査機の彗星着陸に成功:海外専門家コメント

■ポテトチップ用GMジャガイモ 米国で栽培規制撤廃

■総選挙 争点は特定秘密保護法、憲法第九条  きわめて重要な選挙

■戦争はなぜ起こるのか 1959年制作『汝 多くの戦友たち』 笠原真弓

■【核を詠う】(特別篇) 歌集『廣島』を読む(9) 「北支那の父は帰らず妹と原爆症の母をみとりぬ」 山崎芳彦

■「今日、映画を観る自由があった」 アムネスティ・フィルム・フェスティバル(アムネスティ映画祭) 2015年1月24日(土)、25日(日)に開催!

■231回 日米防衛協力用にこんな迷彩服はいかが

■'Ton jihad et le mien'(お前の道と私の道) 中東に帰りたい欧州在住のムスリム青年の心の葛藤と家族を描いたフロレンス・カーの新作小説

■雨宮処凛著 「ロスジェネはこう生きてきた」

■【西サハラ最新情報】 日本漁船も密漁! 平田伊都子