2016年02月19日23時05分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201602192305455

文化

サンジェルマンデプレで行われた人類学者ルネ・ジラールへの追悼の集い ジャン・ビヤンボーム(Jean Birnbaum)

  昨年11月、「模倣される欲望」の理論で知られる人類学者のルネ・ジラール氏がカリフォルニアの自宅で亡くなりました。享年91.生まれはフランスのアヴィニヨン。その後、渡米してスタンフォード大学などを中心に活躍しました。 
 
  それから3ヶ月後の2月16日、パリで追悼の式典が行われ、ル・モンド紙の書評も含め、多彩な執筆活動を行っているジャーナリストのジャン・ビヤンボーム氏も参加し、そのときの思いを記しています。 
 
   Tres emu par la magnifique ceremonie qui s'est tenue, ce soir, en hommage a l'anthropologue Rene Girard. Ponctuee par la musique de Haydn et par des lectures du livre de Job et de l'Evangile de Luc, la messe a ete dite a l'eglise Saint-Germain des Pres, celle ou Girard avait l'habitude de se rendre quand il etait a Paris. 
 
 「今夜、人類学者ルネ・ジラールの追悼の式典が行われた。僕も出席して、その素晴らしさにとても感動したんだ。ハイドンの音楽が流れ、聖書のヨブ記とルカの福音書が朗読された。ミサが行われたのはサンジェルマンデプレにある教会で、ここは生前、ジラールがパリに居たとき通っていた場所なんだ。」 
 
  Tour a tour, Michel Serres, Benoit Chantre et les petites-filles de l'anthropologue ont pris la parole pour rendre grace a ce theoricien du desir "mimetique" qui avait une presence si intense, si rayonnante, en France comme aux Etats-Unis. 
 
  「ミシェル・セ−ル(哲学者)、ブノア・シャントル(学者・著述家)、そしてジラールの孫娘たちが次から次に、「模倣される欲望」で著名な理論家に感謝の言葉を告げた。ジラールが活動したのはアメリカだったが、アメリカばかりでなくここフランスでも強烈で、輝きを放つ存在だった。」 
 
Saluant cette meme presence avec force et sensibilite, Mgr Claude Dagens a rappele la place singuliere qui etait celle de Girard, ce "signe de contradiction" au sein de l'Eglise ,si l'anthropologue avait tout d'un prophete, a resume Dagens, "il savait bien qu'il n'en etait pas un". 
 
  「力強さと豊かな感受性を併せ持った故人に対して、聖職者のクロード・ダジャン猊下は生前、ジラールが座っていた場所を示した。そこには「教会と矛盾する記し」があったという。その理由についてダジャン氏はこう説明した。「もし人類学者が預言者について深く心に抱いていたとしたら、自分自身はそれとは異なることをよく知っていたでしょう」 
 
  以上はジャン・ビヤンボーム氏の文章の引用。 
 
  ジラールが掲げた「模倣される欲望」の理論とは人間が心に抱く「欲望」は他者が抱いている欲望を模倣したものである、という考えです。人間は皆、主体性を持っており、自分のやりたいことは自分に本来、根ざしたものだと思い込みがちですが、実際にはしばしば広告で見たスターを真似してみたいといった模倣である、と言うのです。たとえばドン・キホーテも書斎で読んだ騎士道物語の英雄アマディースの欲望を模倣しているのであり、サンチョ・パンサはドン・キホーテの欲望を模倣しているというのです。人間の欲望には常にモデルとなる存在が介在しており、それをジラールは「媒体」と呼んでいます。 
 
  つまり、人間の欲望を考える場合、ー存修靴燭い發痢並仂檗法↓⇒瀚召鯡亙錣垢觴臑痢↓M瀚召鯒涓陲垢襯皀妊襦頁淆痢砲了鯵儼舛成り立つとジラールは「欲望の現象学」の中で述べています。ジラールはこれを起点に暴力の理論へと壮大な理論を組み立てていきました。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。