2017年02月12日05時49分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201702120549230

文化

漫画家、谷口ジローの死を惜しむフランス でもその代表作は「遥かな町へ」と認識されていた Le dessinateur ,Jiro Taniguchi est décédé à l'âge de 69 ans. 

  フランスでも今、漫画家、谷口ジロー氏(享年69)の死を悼む報道が一斉にメディアに出回っています。しかし、日本で代表作として挙げられている「孤独のグルメ」や「『坊ちゃん』の時代」とは違って、”Quartier Lointain"と一斉に報じられていた。これは「遥かな町へ」という作品になる。そして、谷口ジロー氏は当地フランスほどには日本で偉大な作家の扱いを受けていない、と指摘している報道もある。 
 
  「孤独のグルメ」も「『坊ちゃん』の時代」も谷口ジローの位置づけは一応、台本に沿って絵を描いた作画家ということになるのだろうが、「遥かな町へ」では谷口ジロー自ら台本も作っているということもあり、その作家性も評価されるポイントになったのだろう。 
 
  「遥かな町へ」のストーリーは次のようなものだ。 
 
  「出張旅行の帰途、主人公はなぜか故郷への列車に乗っていた。変貌した町の母の墓に詣でた一瞬、彼は中年の意識や知識、能力のまま、中学生だった夏に戻ってしまう。 時を超えた旅路で彼が知った父の重荷、母の涙。力量十分の作者の、マンガならではのファンタジー。誠実で細やかな、感動的変形タイムトラベルである。」(文化庁メディア芸術祭 受賞作品) 
http://archive.j-mediaarts.jp/festival/1999/manga/works/03m_HARUKANA_MACHI_E/ 
  フランス版をよく見ると「アダプタシオン」(翻案/脚色)フレデリック・ボワレと記されている。フレデリック・ボワレは日本にも来日経験のある漫画家で、日仏両国をよく知る人物である。ボワレの脚色もフランスでの谷口ジロー人気を高める一因となったのかもしれない。 
 
  これは「遥かな町へ」を原作にして作られたフランス映画である。https://www.youtube.com/watch?v=xWVhc5JOcsg 
 
  こちらは谷口ジローに捧げられたフランスのドキュメンタリー映画。多くの人が「遥かな町へ」を軸に、谷口漫画の素晴らしさをフランス語や日本語で語っている。谷口本人やヤマザキマリなども出演している。これは2年前のアングレーム国際漫画祭で上映された二コラ・フィネと二コラ・アルベールによる短編ドキュメンタリー映画だと紹介されている。フランス人がどう谷口ジローを受けとめたかがわかる素晴らしいドキュメンタリーだ。 
 
(En 2015, le Festival d'Angouleme rend hommage a son travail avec la grande exposition "Taniguchi, l'homme qui reve", dont est tire ce documentaire signe Nicolas Finet et Nicolas Albert. ) 
http://www.slate.fr/story/137219/documentaire-hommage-taniguchi 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。