2006年08月21日14時35分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200608211435321

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第10回:暴力で封じ自由のない国へ

これぞ首相の8・15靖国参拝の 
ひとつの成果といえよう 
首相の参拝へのきびしい批判をしていた 
加藤紘一議員の実家が放火された事件である 
首相の中国や韓国への言いなりにはならないぞといった 
ナショナリズムを煽るような言動も 
その一因であろう 
この民主主義の危機に 
何も語らぬ首相、目をおおうマスコミ、 
そして耳をふさぐ国民・・・ 
さあ、次はいよいよ 
戦争できる「美しい国へ」の首相の 
出番である 
(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。