2006年10月23日17時56分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200610231756171

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第19回:ホワイトハウスの地下にグアンタナモ収容所を移したら

 米政府が「テロとの戦いに欠かせない道具」と位置づける法が、10月17日にブッシュ米大統領が署名し、発効した特別軍事法廷の設置法。早く言えば、捕まえたテロ容疑者に人権などないというとんでもない法だ。 
 
 あの悪名高きキューバ・グアンタナモ米軍基地内の収容所で容疑者にやっていたことが、おおっぴらにやれるようになったということである。テロリストから情報を聞き出すためなら何をやってもいいというわけで、とうぜん拷問だってありだ。イラクのアブグレイブ収容で米軍のやっていた蛮行の再現もありうる。 
 
 ということで、いっそホワイトハウスの地下に秘密の収容所をつくって、ブッシュやラムズフェルドの直接指導のもとに容疑者の取り調べをやったらいかが・・・。かくて夜な夜な、ホワイトハウスの地下から人間の悲鳴やうめき声が漏れてくることになったのである。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。