2007年01月15日13時51分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200701151351201

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第30回:“美しい国”の労働組合はかくあるべし

日本の労働組合の組織率が18・2%となった。つまり労働者の約6人に1人しか労働組合に入っていないということ。 
そこで・・・ 
スクラム組もうよ、労働者諸君!! 
もう労働組合なんかに頼れない 
労働者の権利なんてことを言っている時代じゃない 
国家に従順な労働者になろう 
スクラム組もうよ、労働者諸君!! 
教育基本法も変わり 
愛国心を子どもたちに教え、未来の兵士を作り出す 
国家あっての国民だ 
だから労働者も、子どもたちに負けずになろう愛国者 
スクラム組もうよ、労働者諸君!! 
国があってこそ、会社もあり、労働者もある 
国の安全を守るのは、やっぱり軍事力 
そのためにも憲法九条変えて、自衛隊を“美しい国”の軍隊に 
さあ、スクラム組もうよ、労働者諸君!! 
(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。