2007年04月16日21時22分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200704162122481

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第43回:国愛せ 言って戦争 する国へ

 4月13日、改憲手続き法ともいうべき国民投票法案が衆院で可決された。安倍首相の満足気な顔……都知事選で圧勝し三戦を果たした石原慎太郎の得意気な顔とともに、先週見ていて、実に不快にさせられた2つの顔であった。あの石原都知事の教育現場での「日の丸・君が代」の強制がこれからも続くのだ。そして安倍首相は「愛国心」教育にこだわり、改憲して戦争できる国づくりを目指す。今、日本はたいへん危ない状況になっていると思わずにいられない。個人は国家のためにあり、国を守るのは何よりも軍事力という。旧時代の思考と感性に呪縛された首相には、レッドカードを出すしかない。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。