2007年07月17日20時44分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200707172044522

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第56回:バグダッドに巨大な壁で取り囲まれた米兵砦を!!

 ブッシュ米大統領が始めたイラク戦争はますます泥沼化。7月12日にブッシュ政権が議会に提出したイラク情勢の中間報告でも、自己採点だから甘いはずなのに、半分以上が落第点。米兵の死者も4月から3カ月連続で100人を超えるなど最悪。米軍の撤退を求める議会の圧力も強まるばかりである。しかし、イラク戦争の最高司令官であるブッシュは、イラク駐留軍の撤退を断固拒否。米兵が、イラク民衆が、どんなに苦しもうとも、知らないよ。大事なのは大統領としての歴史的評価。イラク戦争が完全な失敗に終われば、間違いなくブッシュは、最悪米大統領の史上ランキングのトップになる。だから戦争を続けるしかないというわけである。 
 
 しかし、これでは現地の米兵はたまらない。かくてバグダッドに巨大な壁に取り囲まれた砦を作り、その中に米兵が集合して閉じこもり、ブッシュの大統領の任期が終わるまでのあと1年半をなんとか生き延びようというのである。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。