2007年08月13日16時56分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200708131656451

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第60回:人心一新チャレンジ内閣、そして誰もいなくなった

参院選で自民党は歴史的大惨敗。ああ、これで安倍首相のあの顔を見ないですむようになったと思ったら、なんと首相は早々に続投宣言。さすがに自民党議員からも「辞めろ!」コールが出ているが、首相は一向に気にしていない。人心一新、新たな内閣のもと、改革を進めますと大張り切り。かくて生まれた安倍新内閣。首相を囲んでの記念撮影となりました。でも出来上がった写真を見てビックリ。ご満悦の安倍首相以外の顔は、みんなノッベラボー。今年いっぱいもつのが精一杯という短期内閣の大臣をやっても何のメリットもないとみんな断ったからだとか、前内閣の失敗に懲りて新大臣の「身体検査」を厳しくやったらパスした議員が1人もいなかった等々、いろんな憶測が出ているが、本当のところは分からない。前途多難を予想させる顔の見えない新内閣のもとの船出。かくて永田町怪談の幕が開く。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。