2007年10月01日21時10分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200710012110511

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第67回:それでもスモウは日本の国技なのです

たとえ最近は土俵で活躍するのが外国人力士ばかりであっても 
スモウは日本の国技なのです 
スモウの最高位である横綱が、いま2人ともモンゴル出身であっても 
スモウは日本の国技なのです 
その横綱のひとりである朝青龍が怪我ということで巡業を休んで 
モンゴルでサッカーをやっていたことがばれ、問題になっても 
スモウは日本の国技なのです 
しかし17歳の若者を、親方が兄弟子たちがよってたかってリンチにし 
ビール瓶や金属バットでなぐって殺してしまうなんて 
おまけに無残な傷だらけの死体を火葬することで証拠の隠滅をはかろうとするなんて 
もう犯罪そのものというしかない 
それでもスモウが日本の国技というなら 
そのシンボルとして、血で汚れた真っ赤な丸い土俵を旗にしてかかげたらいかが(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。