2007年12月03日19時58分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200712031958131

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第76回:25条から9条を問い返そう

 戦争を放棄する「憲法9条」をもっているはずのニッポン。でも、いつのまに国民の税金で得られたお金で莫大な価格の兵器を買いそろえ、強大な軍事力を持つ国となったニッポン。 
 
 そんな豊かなニッポンで、生活保護を打ち切られたために、オニギリを食べたいと書き残して餓死した人がいる。毎年3万人の人が自殺(多くは生活苦から)している。医療費が払えないため、病院にも行けず、命を縮めている人がいる・・・。そんな国になってしまったニッポン。 
 
 なによりも人間の命を大切にする精神で、殺し、殺されるの戦争をしないと決めた9条を持ったニッポン。たが国民の生存権をうたった「憲法25条」がないがしろにされている国、ニッポン。戦争をしない国でありつづけようとすることはもちろんだが、人間の命が大切にされない、特に社会的弱者を死に追いやるような国になってしまったのでは、9条を持つ意味が喪失してしまう。今こそ25条から、9条を問い直す必要を痛切に感じます。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。