2008年04月28日16時30分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=200804281630331

橋本勝の21世紀風刺絵日記

第97回:イラク派遣の違憲判決を受け自衛隊が新迷彩服

 名古屋高裁は17日、イラクへの航空自衛隊によるバグダッドの米軍への兵員・物資の輸送は、「国際紛争の解決手段として武力行使を放棄した」憲法9条に違反するという判決を下した。だが政府はこれを無視、福田首相は空自による輸送活動を続けると言明。 
 
 一方、自衛隊トップの空幕長は、違憲判決に対して、隊員たちは「そんなの関係ねえ」と思っていると言い放った。 
 
 しかし高裁での違憲判決は、やはり彼らにはショックであったろう。そこであくまでも米軍の戦争に協力を続けるためにも、われわれは9条に違反していませんと、9を模様にした新迷彩服を作り隊員に着用させることに……それで解釈改憲でどんどん戦争する国へとむかっている自衛隊の姿勢をカムフラージュする作戦を展開しようというわけである。(橋本勝) 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。