2011年01月17日00時00分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201101170000101

橋本勝の21世紀風刺絵日記

169回 21世紀中に核がなくなるなんて幻想にすぎない

核は人類を破滅させかねない恐ろしいものであるが 
それが兵器として有効に機能するためには 
運搬手段が重要となる 
もちろん小型の核爆弾を人が持ち運んで 
爆発させるということも可能であるが 
やはり遠距離の敵国に対して核攻撃には 
より大掛かりなものが必要となる 
 
それには三つのものがあり核戦略の3本柱ともいわれる 
まずヒロシマ・ナガサキに原爆を落とした爆撃機 
ついで海から敵を核攻撃する潜水艦 
そして大陸から大陸へ直接核攻撃する長距離ミサイル(ICBM) 
 
冷戦期には米ソが多数のICBMを向け合って 
いつでも核戦争を始める体制にあった 
最近はこの長距離ミサイルと原子力潜水艦が 
核戦略の主力となっていたが 
2011年の早々、アメリカのゲーツ長官が 
敵国の(仮想敵は中国か)空域深くに入り込める利点がある核爆撃機の 
新開発をするとぶち上げた、さらに遠隔操作ができる無人機が計画中という 
かくて無人の核爆撃機によって、次の核戦争の幕が上がるかもしれないのだ 
 
しかも今世紀のなかば以降の使用を想定しているという 
ああ、オバマの掲げた「核なき世界」なんて 
まったくの絵空事でしかなったのか 
21世紀もまた人類は 
地球全体が巻き込まれる全面核戦争により死滅し 
地球が死の星に化するという 
恐怖のもとで生きていかねばならないのだ。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。