2011年03月14日09時01分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201103140901271

東日本大震災

14日の計画停電に伴う鉄道の運休情報

  地震から4日目。東日本大震災は首都圏にも影響を与え始めた。首都圏の鉄道各社は東京電力の計画停電に応じて運行を大幅に減らしている。それぞれホームページ上で発表している。 
 
■JR東日本では首都圏の各線区において、本日運転する線区は以下の通り(午前9時現在)。 
【運転する区間】 
・山手線(全線) 
・中央快速線(東京〜立川間) 
・京浜東北線(蒲田〜赤羽間) 
・常磐快速線(上野〜松戸間) 
・常磐緩行線(綾瀬〜松戸間) 
・埼京線(大崎〜大宮間) 
・上越新幹線(東京〜新潟間) 
・長野新幹線(東京〜長野間) 
 
  上記以外は終日運転を見合わせるという。さらに 
 
  「運転する線区につきましても、ダイヤは大幅に変わりますので、予めご了承ください。なお、各線区とも通常の2割程度の運転となります」としている。ただし、東京電力の供給状況に応じて運行を流動的に変更していく可能性があるため、ホームページで確認する必要がある。 
 
  私鉄でも大幅に運行が減っている。 
 
■東急電鉄 
  東急電鉄では列車の運行に15分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合に限って運行状況をホームページで発表している。 3月14日 午前8時20分 の発表内容は以下。 
 「7時00分頃、東急各線は、東京電力の計画停電により、田園都市線・大井町線・東横線は通常の5割〜7割の運転本数で全列車各駅停車により運転しております。その他一部時間帯の運休など大幅なダイヤ変更を行ないます」 
 
  たとえば東横線では「時間はすべて目安」とことわったうえで午前7時45分現在では 
〇枠から昼の12時までは通常の7割の本数で運行 
■隠音から17時30分までは渋谷〜武蔵小杉間のみ運行 
17時半〜終電までは運行 
 地下鉄「日比谷線」との相互直通運転は中止になっている。 
  さらに、それぞれの沿線別に運行状況を発表している。今後、東京電力の電力供給によって運行が変わる可能性もあるのでホームページで確認することが必要だ。 
 
■小田急電鉄 
  「小田急電鉄では、東京電力による計画停電が、本日(3月14日月曜)午前6時20分から、広域に渡って実施される予定であったことを受け、通常の列車運行に必要な電力を確保することが困難な状態になると認識し、本日始発より下記の通り、確実に電力が供給される範囲のみの運転といたしました」として運行区間を発表した。 
  ただし「午前6時半頃、東京電力では、本日10時ごろまでは第1グループの計画停電を実施しないことを発表いたしましたが、計画停電が実施される地域がこのように流動的であることから、やむを得ず、現時点では始発からの運行区間の変更は行わないことといたします」としている。 
  計画停電に関する方針の変更が混乱を呼んでいるが、私鉄では冷静に対応しているようだ。 
 
  午前9時現在では小田急は新宿〜経堂間の各駅停車のみ約15分間隔で運転している。それ以外の全区間は終日運転を見合わせる予定だ。しかし、この見合わせ区間でも、「東京電力による電力供給の状況が変わり次第、運転区間の見直しを行う可能性がある」と発表している。 
  また駅のエスカレーターやエレベーターも終日停止するため、必要のある人は駅員に声をかけて欲しいと呼びかけている。 
 
■東武鉄道(午前11時現在) 
 
【終日運転】 
伊勢崎線 浅草〜竹ノ塚 
亀戸線  
東上線 池袋〜成増 
 
【時間帯運転】 
野田線 大宮〜岩槻では始発〜10:00/18:00〜終列車 
東上線 成増〜志木では 
  10:00〜16:00/21:00〜終列車 
 
以上の運転区間においても運転本数を50%以下に大幅に減らしている。 
 
【終日運休】 
伊勢崎線 (竹ノ塚〜伊勢崎・ 曳舟〜押上) 
日光線 全線 
佐野線 全線 
桐生線 全線 
宇都宮線 全線 
鬼怒川線 全線 
大師線 全線 
野田線 (岩槻〜船橋) 
東上線 (志木〜寄居) 
越生線 全線 
 
なお、 
○特急およびTJライナーの運転は中止 
○東京メトロとの直通運転は中止 
○東京電力の計画停電の状況により上の予定も変わることがある。 
 
 
  鉄道各社のホームページで計画停電にともなう運行状況を発表している。 
 
▼東京電力では供給エリアを5つのグループを設定して計画停電を予定・実行している。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。