2011年06月08日23時41分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201106082341243

市民活動

6月15日に沖縄とフクシマを考える集会  「沖縄・意見広告運動」が主催

 沖縄・意見広告運動は6月15日、都内で「今、沖縄と『フクシマ』が国策の誤りを糺す!」をテーマに集会を持つ。集会は沖縄・米軍基地と今も暴走を続ける福島第一原発を重ね合わせながら、「原発と基地、苦しみの根っこは同じだ」と訴える。沖縄からは前宜野湾市長の伊波洋一さん、福島からは福島子どものいのちを守る会の佐藤幸子さんが駆け付ける。集会は東京・中野ゼロホールで午後6時から。17日には大阪で関西集会がもたれる。詳しくは 
http://www.okinawaiken.org/ 
 
  沖縄・意見広告運動は今年第二期に入り、去る5月14日に琉球新報と沖縄タイムスに、15日には朝日新聞に「普天間基地撤去・米海兵会撤退」を掲げた全面広告を出した。さらに秋に向け、アメリカの新聞やインターネットメディアに米国市民に訴える広告を出し準備を進めている。 
 
  伊波さん、佐藤さんのほか名護・ヘリ基地反対協議会の安次富浩さん、布施哲也(反原発自治体議員・市民連盟)、園良太(沖縄を踏みにじるな!新宿ど真ん中デモ) 他 呼びかけ人も発言。たんぽぽ舎の山崎久隆さんが特別報告。参議院議員の福島みずほさんと山内徳信さんも駆け付ける。。 
 
  同運動はアメリカのメディアへの広告をめざして、個人1口1000円、団体5000円の賛同金を募っている。 
 
【案内文】 
原発と基地、苦しみの根っこは同じです。平和な暮らしに基地や原発はいりません。米軍への「おもいやり予算」を復興支援に! 
来たる6月15日に東京で、17日に関西で、報告集会を開催いたします。ここに沖縄、福島からの参加者をお招きし、発言していただく予定です。沖縄からは伊波洋一(前宜野湾市長)さんら、福島からは子供の命を守る会代表の佐藤幸子さん、たんぽぽ舎の山崎さんらが国策の誤りを問うて出会うことになります。今までになかった試みであり、そして今私たちが置かれている状況において非常に重要な意味を持つ集会になります。 
入場料は500円ですが、失業者、非正規など事情のある方からはいただきません。どうぞこぞって参加をお願いします。 
 
【関東集会】 
■会場・・・東京・中野ゼロホール 東京都中野区中野2-9-7 
■発言・・・山内徳心(参議院議員)、伊波洋一(前宜野湾市長)、安次富浩(名護・ヘリ基地反対協同代表) 
佐藤幸子さん(福島子どものいのちを守る会代表)が来て挨拶していただけることになりました。 
参議院議員 福島瑞穂さんも駆けつけてくださることになりました。 
布施哲也(反原発自治体議員・市民連盟)、園良太(沖縄を踏みにじるな!新宿ど真ん中デモ) 他 呼びかけ人 
■特別報告・・・原発を止めよう 山崎久蓮覆燭鵑櫃歇法紡勝
■映画「10年目の空」を予告上映します! 
【関西集会】 
■会場・・・協同会館アソシエ3Fホール 大阪市東淀川区淡路3-6-31 
■発言・・・服部良一、武建一 他 呼びかけ人 
 
 
◆問合せ先:東京都中野区中野2−23−1−309 協働センターアソシエ内 
       電話:03−6382−6537 
       FAX:03−6382−6538 
       info@okinawaiken.org 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。