2011年08月22日11時18分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201108221118301

橋本勝の21世紀風刺絵日記

181回 大連立をはかって原発生き残り

菅首相がやっと退陣ということになって 
民主党は次の首相を決めることになる代表選に突入 
自薦、他薦の候補者が次々と名乗り出てアッピール 
そして、そこで浮上してきたのが 
大連立構想 
 
国難のとき、与党も野党も一体となり 
挙国一致でことにあたろうというのである 
だが、そうなると菅首相が 
本気ともやぶれかぶれともいえる形で 
ぶちあげた「脱原発」はどうなってしまうのだろう 
・・・・・でも 
 
それを公約にかかげている次期首相の 
候補者は誰もいない 
菅首相を退陣に追いやるための策謀も 
大連立のしかけ作りも 
結局、原発を生き残らすための 
原子力村の住人たちの 
作戦だったと考えると納得がいく 
原発による甘い汁を 
 
吸い続けようとする者たちによって 
日本は亡国の道をたどることになるのだ。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。