2012年07月09日00時02分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201207090002211

市民活動

7月22日 シンポジウム:共通番号制のすべてを知ろうー共通番号制の本質と問題点を考えるためにー

 シンポジウム−共通番号制のすべてを知ろう。7月22日、上智大学で。「共通番号でなりすまし犯罪社会化する米国の現状」の報告や「韓国における情報流出となりすまし被害の実情」のビデオも上映もあります。(日刊ベリタ編集部) 
 
■日時 7月22日(日)13:15〜16:45(12:45 受付開始) 
■会場 上智大学12号館102号教室 
(JR・東京メトロ 四ッ谷駅下車5分、休日は正門のみ利用可) 
 
<Part 共通番号制の本質と問題点を考えるために> 
●田島泰彦さん(上智大学教授) 「シンポの趣旨および情報統制と監視のなかの 共通番号制」 
●白石 孝さん(反住基ネット連絡会) 「住基ネットから共通番号制へ、どこが違い、どこが問題か〜わが国における国家管理の特徴と問題点」 
●石村耕治さん(PIJ 代表) 「共通番号でなりすまし犯罪社会化する米国の現状〜そして分野別番号への転換」 
●ビデオ上映「韓国における情報流出となりすまし被害の実情」 
★とことん知るための一問一答その1 
 
<Part 共通番号制で便利になるという幻想を見抜くために> 
●コーディネーター:水永誠二さん 
●「医療の現場から医療制度の将来の危険性を指摘する」 知念哲さん(神奈川県保険医協会) 
●「所得の捕捉と税制の課題」 辻村祥造さん(税理士、PIJ副代表) 
●「強まる外国人管理〜改定住基台帳法・改定入管法と共通番号制」 西邑亨さん(反住基ネット連絡会/入管法対策会議) 
●「取材現場から」 桐山桂一さん(東京新聞論説委員) 
●「逆転する国家・国民の知る権利とプライバシー」 瀬川宏貴さん(自由法曹団) 
★とことん知るための一問一答その2 
 
*質問は、会場でアンケート方式でお受けしますが、事前に受けることもできます。 
下記アドレスに質問を送ってください。 
 
■資料代 500円 
<主催> 共通番号制を考える市民シンポジウム実行委員会 
◆事務局 090-2302-4908(白石)/03-3330-8270(角田) 
Eメール:shiratlk@jcom.home.ne.jp/tunoda@tbz.t-com.ne.jp 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。