2012年11月09日00時08分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201211090008025

橋本勝の21世紀風刺絵日記

192回  廃憲トリオそろいぶみ、日本の未来はどうなるの!?

2020年88歳でむかえる東京オリンピックという 
夢よりもやっぱり80歳で日本の権力のトップに 
すわるという夢のほうがいいと 
都知事の座を任期途中に放り出した石原慎太郎 
「原発の問題などささいなこと」と言い放ち 
廃憲を高らかに宣言。 
 
いやいや次の首相は私だと 
懲りずに出てきたのおが安倍晋三元首相 
自民党の長年の悲願であった改憲をすると 
鼻息も荒い。 
 
東の石原がその野望のためになんとしても 
提携したいのが西の橋下徹 
廃憲などという荒っぽい言い方はせずに 
憲法改正と語り、改正のためには議員の賛成が 
過半数でいいと変えようとしている。 
 
どっちにしても日本国憲法を変えようという 
3人が 
次の選挙に向けて発進する 
リコウを気取る3バカの 
廃憲のたくらみを絶対に許してはならないのだ。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。