2013年02月21日23時59分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201302212359084

橋本勝の21世紀風刺絵日記

197回 続・北朝鮮が核実験してナゼ悪い

北朝鮮が3回目の核実験をやった 
その成功を大きな街頭テレビで見て歓声をあげ喜ぶピョンヤン市民 
そのニュースの映像に私は苦い笑いを禁じえなかった 
そんな「彼ら」を愚かだというつもりはない 
三代にわたって続く金独裁体制の救いのなさよと嘆いてもはじまらない 
 
それにしても国民が飢えているというのに核開発に 
狂奔する権力者たちには怒りを覚える 
イラクやリビアのように核を持たなかったばかりにつぶされてしまったことを 
教訓として、北朝鮮は核保有国とならねばならないということか 
世界からの反発、非難も覚悟の上、 
それに中国の制止にも耳をかさずに猛進する瀬戸際政策 
アメリカをも直接、核攻撃できる可能性もありということで、アメリカの警戒感も高まる 
 
だが北朝鮮の核実験に強く反対する 
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国といった国々がいずれも 
核保有国であり、しかもアメリカは最大、最強の核保有国である 
オバマ米大統領が核廃絶を宣言しているにもかかわらず、 
核を国の防衛に柱にしているというアメリカの姿勢は変わらない 
北朝鮮さらにイランの核に反対し、そのためには先制攻撃さえやりかねない 
 
でもアメリカはなぜ核を持っていていいのだろうか、 
そしてロシア、イギリス、フランス、中国、さらにインド、パキスタンが 
核を持っていることが許されていることの不可思議さよ 
そんなことを考えていたら人間という生きものに猛烈に腹が立ってきた 
 
核兵器は使えない兵器であり、あくまでも抑止力として核は 
世界の安全と平和のために役立ってという愚論を 
いまだに言っている政治家や学者たちの愚かさは救いようがない 
人間の愚かさを嘲笑している我が風刺絵だが 
それが世にもおぞましい地獄図絵になるという想像力を 
世界の人みんなが共有しなければならないと思う。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。