2014年04月30日12時43分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201404301243133

橋本勝の21世紀風刺絵日記

219回 ウクライナで戦争が始まるヨ!!

1989年、ベルリンの壁がなくなり、 
冷戦構造が、そしてソ連があっけなく崩壊 
資本主義のアメリカと、共産主義のソ連の両盟主が 
にらみあい核をもって対立している時代に終止符がうたれた 
 
その対立はキューバで噴出 
キューバ危機は米ソの全面核戦争に発展しかねなかったのである 
なんとか人類が生き延びたのは奇跡的なことであった 
だが今、その悪夢がよみがえっているかのようである 
 
混乱するウクライナをめぐるロシアと米欧の対立 
超大国の夢よ、もう1度とばかりプーチンのロシア 
もう一方のアメリカの、世界の警察官役はもうごめんという 
オバマの「弱腰」が幸いして、武力衝突はさけられているとはいえ 
戦争というのはひょんなことで始まり、 
あれよ、あれよという間に 
本格的な争いに発展しかねない 
 
まさか核戦争なんてことにならないだろうというのは 
甘すぎると言うもの、人類は戦争という愚行をくりかえしてきた 
愚かとはいえ核を作り出した人間の知能 
戦争に勝つためには核の使用だって躊躇しないのが 
人間の戦争文明の中の国家というもの 
核にいだかれ続けているかぎり 
人類は自らを滅ぼしかねないのである。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。