2015年03月30日14時13分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201503301413341

橋本勝の21世紀風刺絵日記

238回 政権与党としての鼻息荒く、日本を戦争する国へと導きます公明党

  今から四半世紀ほど前、公明党が出している月刊誌の「公明」に私は政治風刺マンガを連載していた。まだ公明党が野党であった頃で、かなり思い切った体制批判の風刺画を描いていたが、公明党が与党化した段階でその連載も終わった。風刺画は時代のカナリアなのだ。 
 
ああ わからない 公明党はわからない 
平和、平和と言いながら 
いつの間にやら 戦争協力 
それが平和の党のすることか 
 
ああ わからない 公明党はわからない 
庶民の味方と言いながら 
金持ち、大企業のためのアベノミクスに協力し、弱者切捨て 
それが庶民の党のすることか 
 
ああ わからない 公明党はわからない 
政権のチェック機能の役割を担うといいながら 
いつの間にやら 政権与党で甘い汁 
コウモリ党なんて言わないで 
 
ああ わからない 公明党はわからない 
平和の党から 戦争の党へ看板かえる 
それが創価学会のみなさまの 
池田名誉会長のお望みなのか 
ああ わからない 公明党はわからない 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。