2015年05月06日13時13分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201505061313493

橋本勝の21世紀風刺絵日記

240回 泣け、泣け、思い切り泣け、原発よ!!

なぜ、泣くのか原発よ 
それは4月14日、福井地裁が高浜原発の再稼働を 
認めないという司法の判断を下したから 
この理不尽で不条理な司法の判断に 
原子力村の人びとは大ショックであったろう 
これで当分、日本の原発の稼働ゼロは続くことになる 
脱原発運動の者たちの喜ぶ顔を思い浮かべると 
よけい腹がたち泣けてくる 
日本の産業の発展のために 
原発がどれほど寄与したかを忘れたのか 
恩知らずめ、だからもう泣くしかないというもの 
絶対安全なんてありえない、電気代が上がっていいのか 
大地震なんてめったに起こらない 
便利な文明に危険はつきもの、などなどと 
泣き言を言っても始まらないか・・・・・・・ 
だが数日後の4月22日、鹿児島地裁は 
川内原発の再稼働差し止め訴訟に対して却下の 
司法の判断を下した 
やっぱり日本の司法は原発の味方であったのだ 
かくて「原発号泣」変じて「原発高笑い」とは 
ああ、今度はこっちが日本もおしまいだと泣きたくなるよ 
でも時代の流れを敏感に受けとめ 
追いかけるしかない風刺画家としては 
次には大いに笑う原発の風刺画を描くとするか 
お楽しみに 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。