2015年07月08日15時53分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201507081553013

橋本勝の21世紀風刺絵日記

244回 安倍政権を永遠にゼロにしたい

いよいよ安倍政権の断末魔の時が近づいてきた 
自民党本部で自民党の若手議員による文化芸術懇話会なる 
会合での出席者の自民党議員の発言もさることながら 
特に講師として招かれていた 
作家の百田尚樹氏の発言はひどかった、いや素晴らしかった! 
よくぞ言ってくれた!! 
「沖縄の2紙はつぶさなければいけない」 
「お金になるからと県民が、基地周辺に移ってきた」等々・・・ 
実は百田氏と安倍首相は互いに敬愛する仲で 
いっしょに本も出しています 
『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』(ワックより2013年末に出版) 
安倍首相と百田氏は思いと考え方を共有しているということを 
この本を読むとよく分かります 
そこでこの際、この本を大増刷したらいかが 
私もそれに協力して本の表紙にわがイラストを提供したい 
安倍首相は、百田氏の今回の発言に遺憾の意を称しているが 
本当はその集会は安倍首相の応援団によるもので、百田氏の発言は 
憲法を解釈で変えてしまえという安倍政権の姿勢を 
代弁し、後押ししてやろうという目的をもっていたのは間違いない 
マスコミを威圧、沖縄を差別、憲法を変えて、日本戦争できる国にする 
そんな恐ろしい、いや素晴らしい安倍の思いを明らかにしてくれた 
日本国民に真実を気づかせてくれた百田氏の発言は、 
安倍政権の野望を失墜させることになるだろう 
憲法を蹴っ飛ばしている安倍首相の絵 
まさにこの本の表紙をかざるのにピッタリだとは思いません。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。