2015年12月24日22時08分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201512242208154

橋本勝の21世紀風刺絵日記

253回 ロボットが兵役拒否!?

近年、ロボットの進化は目覚しい 
初期の単純な作業をくりかえす機械ロボットから、 
清掃、家事などをするロボット、介護ロボット 
人間の行けない水中深く、また汚染した原発内での作業など 
ロボットは人間社会に欠かせないものとなっている 
人工知能の発達も飛躍的で、車の無人運転化というだけでなく 
たとえば将棋やチェスの人間のチャンピオンを負かしたりもしている 
そして人工知能は兵器に結びつき 
無人機は重要な武器となっている 
人間が遠隔操作せずとも自ら判断し、目標を定め爆撃する 
かくて戦場で人間と人間が殺しあう白兵戦は過去のものとなり、 
ロボット兵同士が戦うことになる 
さらに人間の指示なしに戦う、考える力を持った 
高度なロボット兵が近い将来実現する 
そして思考力を持ったロボットの次には 
創造力を持つロボットが 
それは想像力を持ったということである 
つまりの人間ように悲しむ、喜ぶ、苦しむ、 
感受性を持ったロボットの誕生である 
それは人間がロボットにあたえた高度な 
プログラムが可能にしたのかもしれないし、 
ロボット自身の突然変異がもたらしたのかもしれない 
かくて人間の上官の命令に反して 
戦争へ参戦することを拒否するロボットも出現するかもしれない 
そんな夢を見たくなるほど人間の戦争文明という病は重い・・・・・・・ 
 
今や時代は第3次世界大戦直前といっていい 
フランスでの過激派組織イスラム国による同時多発テロ 
オランド仏大統領は「これは戦争だ」と言い、空爆を強化 
ロシア、アメリカ、イギリスによる空爆もいっそう激しさを増している 
そんな緊張化、トルコがロシアの戦闘機を撃墜した 
これにロシアのプーチン大統領が怒りを爆発させ 
ロシアとトルコの間で突発的に戦争が始まりかねない 
さらにフランスではイスラムの難民を拒否せよという、 
ルペン率いる極右の政党が選挙で大躍進 
そしてアメリカでは2016年の大統領選挙の共和党候補に 
不動産王のトランプが断突のトップになっていて、 
イスラム排斥を声高に訴える好戦的な彼が 
米大統領になるなんて最悪なことにもなりかねない 
さらに我が日本では「戦争法」が決まり 
日本は集団的自衛権が行使可能な 
戦争できる国になろうとしている 
まさに世界は第3次大戦の危機・・・・・嗚呼 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。