2016年02月04日07時14分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201602040714314

アフリカ

【西サハラ最新情報】国連事務総長がAU年次会議に顔を出した! 平田伊都子

 2016年1月28日、パン・ギムン国連事務総長はやっと重い腰を上げアフリカ大陸に向かいました。 「国連西サハラ住民投票を急かせる」キャンペーンを張り始めたヨーロッパのNGO団体は、「やっと国連事務総長が西サハラを訪問する!」と色めき立ちました。 
 が、残念でした。 パンを乗せた飛行機は西サハラを越えて、エチオピアの首都、アジスアベバに降り立ったのです。 「またかよ!」、、肩透かしを食らった西サハラ民族の失望は、いかばかりだったか、、遠い日本でもがっかりしたのがおりました。 
 
(1)2016年1月30日、国連事務総長が第26回AUアフリカ連合年次総会に参加: 
 ドラミニ・ズマAUアフリカ連合委員長は約50人のアフリカ首脳陣と来賓のパン・ギムン国連事務総長を前に、「2016年、AUアフリカ連合は人権問題、特に女性の人権問題に取り組んでいく。40年以上にわたり難民生活を強いられている、我らがアフリカ大陸で最後の植民地西サハラをこのまま放置しておくわけにはいかない。国連は速やかに国連西サハラ住民投票の実施に向け、行動をおこすべきだ」と、開会の辞を述べた。名前から推察されるように、ズマ委員長はズマ南アフリカ大統領のモト妻だ。 
 
(2)1月31日、国連事務総長と西サハラ難民首相と会談: 
 AUアフリカ連合年次総会に参加していたオマル西サハラ難民政府首相がパン国連事務総長と会談した。両者は、暗礁にのりあげたままの国連西サハラ住民投票をいかにすれば実施できるかを話し合った。オマル首相は、パン事務総長の西サハラ訪問不履行を含め、ロス国連事務総長個人特使も積極的に行動しないから、西サハラ住民投票問題は前に進まない」と追及した。国連関係者は、「事務総長は、難民キャンプも含め西サハラ地方の訪問を数か月前に計画したが、モロッコが拒絶したため実現できないでいる」と、弁明した。 
オマル西サハラ難民政府首相は、「事務総長の西サハラ訪問は、国連の責務だ」と迫った。 
 
(3)1月31日、TICAD困慮示: 
 河井克之総理大臣特別補佐官が、AUアフリカ連合年次総会の場で、「2016年TICAD困禄蕕瓩謄▲侫螢のケニヤで開催される」と、発表した。ズマAUアフリカ連合議長はアフリカ諸国の参加を促し、主催を引き受けてくれたケニヤッタ・ケニヤ大統領に感謝した。ケニヤッタ・ケニヤ大統領は、TICAD困アフリカ主導でアフリカ大陸で行われることの意義を強調した。アフリカ人や日本人のみならず世界各国から6000人以上が参加する国際会議だと、主催者は語った。TICADはTokyo International Conference on African Development(アフリカ開発 会議)の略。ナイジェリアのテロリスト・ボコハラムやソマリアのテロリスト・アルシャバーブなどから常に襲われているケニヤが、果たして彼らの攻撃をかわせられるのだろうか?? 
 
(4)2016年2月2日: 
 アッバ・マライニン 西サハラ難民政府デンマーク代表は赤緑連合党のクリスチャン・ジュル デンマーク国会議員と会い、第14回西サハラ民族大会の決議を報告した。クリスチャン議員は西サハラ民族自決権と独立を変わらず支持すると答え、国連西サハラ住民投票を推す国際キャンペーン「今すぐ住民投票」に、党として参加することを表明した。「Referendum now 今すぐ住民投票」キャンペーンは2016年1月25日にスイスの西サハラ支援グループが始めた。西サハラ難民政府もこれに賛同し、キャンペーンはヨーロッパに広まっている。 
 
 2016年1月25日、フィンランド共産党が同国政府にRASD西サハラ・アラブ民主共和国を承認するように迫りました。 このところ、押し寄せる移民難民問題で翻弄されているフィンランド、デンマーク、スウェーデンなどの北国ですが、もともと、どの国も人権を尊重する先進国です。 西サハラ民族自決権と国連西サハラ住民投票への支持は、不変です。 ヨーロッパの春は寒い国から下りてくるようですね、、 
 それにしても、パン国連事務総長殿、「モロッコが来ちゃダメって言ってるから、、」だなんて、子供っぽい言い訳をせず、自主的にさっさと西サハラを訪問してくださいよ! 
 西サハラ訪問のどこが悪いんですか? 国連事務総長が係争地を訪問するのは、アッタリマエデショ! 
 
 
WSJPO 西サハラ政府・日本代表事務所 所長:川名敏之     2016年2月3日 
SJJA(サハラ・ジャパン・ジャーナリスト・アソシエーション)代表:平田伊都子 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。