2016年02月11日22時54分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201602112254274

橋本勝の21世紀風刺絵日記

257回 ああ、ホワイトハウス 悪夢か、正夢か

いよいよアメリカ大統領選が、アイオワ州での予備選でスタートした 
次のホワイトハウスの主がオバマから 
誰に代わるのか大変興味深いところだが 
ちょうど同じ時期に、アジアの地で 
大変気がかりなことが起きていたのである 
1月6日、北朝鮮が核実験を実施したのである 
しかも北朝鮮は水爆だと言っている 
さらに2月7日、北朝鮮は弾道ミサイルを成功させた 
つまり直接、ワシントンを核ミサイルで 
攻撃できる能力を北朝鮮は獲得したのである 
ホワイトハウスの上に「核ミサイル」・・・・・・・!? 
さて米大統領選だが、話題の中心は共和党の候補トランプ、 
その過激なトンデモ発言には驚き呆れるしかないが、 
ここでは民主党の争いにふれたい 
民主党の候補の本命はヒラリー・クリントンとされていたが 
アイオワで意外な候補者の出現でぎりぎりの勝利となった 
その候補者とは、サンダース上院議員、 
若者たちの熱烈な支持をえている 
このサンダース候補、その主張にはビックリさせられる 
自らを社会民主主義者というごとく 
格差をなくした平等な社会をめざす革命家が、 
資本主義国家のアメリカの大統領になる 
そしてホワイトハウスの上に「赤旗」がひるがえる・・・・・・・!? 
わがこの二つの風刺画、 
はたして悪夢で終わるか、現実となるのか 
でもアメリカにとって冗談ですむことではありませんね。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。