2016年05月25日14時30分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201605251430523

橋本勝の21世紀風刺絵日記

263回 オバマさん、やっぱり核の傘さしてヒロシマへ

核が人類史上はじめて落とされた地、ヒロシマを 
核を落とした国の大統領であるオバマさんが訪問する 
核なき世界を訴えてノーベル平和賞を受賞したオバマさんが 
ヒロシマを訪れるのは当然としても 
核によって戦争が終わったと考えているアメリカ人の多くは 
核を落としたことを謝罪するべきでないと言う、さらに 
核抑止力によって第2次大戦後、国対国の大きな戦争はなかったと 
そして日本人の多くもアメリカの 
核の傘の下にあることで日本の平和が保たれていると考えている 
核が使われた時の被害のすさまじさをオバマさんに感じてもらい 
核戦争はしないの決意を固めてもらえばそれでいい 
だからオバマ大統領には謝罪はしなくても献花してもらえば十分ということか 
核の現実は甘くはない 
核保有国はアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエルとあり、そして 
核実験を成功させて「核保有国になった」と宣言した北朝鮮とあり、さらに増えかねない 
そんな核状況の世界、日本も核保有国になる日も近いかも・・・・というわけで 
核の傘をさしてオバマさんがヒロシマを訪問するのも仕方がない 
核抑止力という言葉がけっして死語とならず生き続けている現実、 
核という人類の文明の病は治ることはないだろう 
核により人類が滅び去るまで。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。