2017年02月09日21時30分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201702092130584

反戦・平和

シベリア抑留者支援センター情報クリップ No.50(2017.1.28発行)

 今年もよろしくお願いします。 
 
 昨年12月26日が“シベリアからの引揚げ・抑留終了60年”でしたが、毎日・京都新聞などが署名入り記事や特集面で取り上げた以外、日本のメディアの関心は安倍首相の真珠湾訪問に集中していました。 
 
 11月に引き続いて12月23〜28日に、九段下で開催したスケッチ・絵巻物展には、年の瀬にもかかわらず、多数のご来場ありがとうございました。102歳の元抑留者も見え、連日ギャラリートークにもご参加いただきました。26日には『ソヴエート歌曲集』をアコーデオンに隠して持ち帰った元抑留者の新関省二さんとバリトン歌手の古川精一さんが歌うミニ・イベントも行われました。 
 
 3月18〜20日に、絵巻物を描いた澤田精之助さんの地元、山形県村山市の市民会館で絵巻物とスケッチを展示します。澤田精之助さんの絵巻物(32m)は、冊子にしました。(A4版116頁スケッチと文章入り1冊700円+送料100円。事務局までお申込みください。) 
 
 昨年初めて遺骨法案が制定されたものの、遺骨関係の厚労省の不祥事が続いているのは、大変残念です。「今後は緊張感をもって再発防止に努める」というレベルの対応ではなく、自衛隊の活用も含めた抜本的な制度改革が必要と思われます。 
 
 *各紙地方版や地方紙掲載のシベリア抑留関係の記事をお送りいただければ幸いです。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【情報&催し物案内】 
◆シベリア抑留研究会&日本平和学会関東地区研究集会<共催> 
<日時> 
 3月11日(土)13:30〜16:30 
<会場> 
 大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス2階大会議室 
 (地下鉄日比谷線神谷町下車、2番出口飯倉方面徒歩5分、上記と同じ) 
<テーマ> 
 富田武著・中公新書『シベリア抑留』をめぐって(仮題) 
<講師・評者> 
 富田武(成蹊大名誉教授)、芝健介(東京女子大名誉教授)、藤本和貴夫(大阪経法大学長) 
<連絡先> 
 シベリア抑留研究会(tkshtomita@jcom.home.ne.jp) 
 
◆音楽劇「君よ生きて」2017:東京公演 
<日時・会場> 
 天王洲 銀河劇場(品川区) 
 2月22日(水)18:45 
 2月23日(木)13:30/18:45 
 2月24日(金)18:45 
 2月25日(土)13:00/18:00 
 2月26日(日)13:00 
<スタッフ> 
 演出・脚色/望月龍平、脚本/まきりか、楽曲提供・音楽監督/ユウサミイ、振付/柴田桃子 
<チケット> 
 S席7,500円、A席5,000円(学生3,000円) 
<問合せ> 
 Tel:03−6456−0557(平日10時〜17時) 
 Fax:03−6456−0568 
 メール:info@ryuheicompany.com 
 ウェブ:http://ryuheicompany.com/performance 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【図書・資料ご案内】*事務局で取扱中 送料は100円(◇:新刊) 
◇澤田精之助画文集(絵巻物冊子版)『シベリア抑留者の思い出』(自費出版、2016年)700円 
 
◇富田武著『シベリア抑留―スターリン独裁下、「収容所群島」の実態』(中公新書、2016年)860円 
 
●渡辺祥子著『魚と風とそしてサーシャ』<第1回シベリア抑留記録・文化賞受賞>(桜美林大学北東アジア総合研究所、2013年)800円 
 
●原田充雄著『シベリア抑留・虜囚の詩』(自費出版、1999年)2,000円 
 
●池田幸一著『アングレン虜囚劇団』<復刻版>(サンケイ出版、1981年)1,500円 
 
●『捕虜体験記』(ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会刊、全8巻、1984〜1998年)全8巻セット特価23,000円、各巻特価3,500円(送料込) 
*第検複粥亡「ハバロフスク地方篇」、第察複掘亡「タイシェット・イルクーツク篇」は在庫なし。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 【事務局より】 
 。隠押殖横魁腺横検九段下の千代田区立生涯学習館2Fでスケッチ・絵物巻展示へのご来場・ご協力ありがとうございました。絵巻物の展示は、次は3月18〜20日山形県村山市民会館です。 
 
◆仝詰淮閏圓遺された資料・原稿・図書・録音テープなどをご遺族より寄託され、大阪経済法科大学・東京麻布台セミナーハウス7F(「抑留問題資料室」)で整理作業を行っています。 
作業を手伝って下さるボランティアを募集中です。当面毎週月曜日を作業日にしています。(2月は1、6、13、20日の10:30〜15:00作業予定です。) 
 
 資料等を寄贈いただく場合は、下記の宛先にヤマト・宅急便(着払い)でお送り下さい。 
〒106−0041東京都港区麻布台1−11−5 
 大阪経済法科大学・麻布台セミナーハウス7F 抑留問題資料室あて 
(TEL:080−5079−5461)。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
≪シベリア抑留者支援・記録センター≫ 
(住所)〒102−0074 東京都千代田区九段南2−2−7−601 
(Tel)03−3237−0217 / 080−5079−5461 
(Fax)03−3237−0287 
(E-mail)cfrtyo@aol.com / cfrtyo@gmail.com 
(Web)http://sdcpis.webnode.jp/ 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。