2017年05月12日14時07分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201705121407115

橋本勝の21世紀風刺絵日記

285回 首相の正体は読売新聞のセールスマンだった

安倍首相は2020年の東京五輪の時までに 
何が何でも改憲をやりたいらしい 
とくに憲法9条が悲願の標的である 
今回の改憲発言では 
なんと9条の1項、2項はそのままにして 
3項に自衛隊を明記するという 
これが何で改憲なのかという疑問を覚える 
あの自民党の「改憲草案」からも大きく反している 
でもこれを突破口にするというのが隠れた狙いかもしれない 
2020年のオリンピックの安全のため 
テロ対策として共謀罪を決めたいというのも 
国のやろうとすることに反抗するものは 
許さないということの 表れである 
そして自衛隊明記という姑息な方法で 
国民の改憲に対する抵抗感を封じればしめたもの 
さらなる改憲で日本は戦争をする 
軍事大国の道をまっしぐらである 
そのためにも今や政権の広報誌と化している 
お気に入りの読売新聞を 
大いに活用したい 
そんな安倍首相の思いが出てしまったのが 
先日の国会での改憲問題での野党の質問に対しての 
安倍がやった答弁の 
「読売新聞を熟読してほしい」である 
一国の首相が一民間紙の 
セールスまがいのことをするとは 
呆れてものも言えない!! 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。