2017年07月28日17時04分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201707281704355

橋本勝の21世紀風刺絵日記

289回 ヒバク国であり、9条をもつ国なのに、なぜ?

7月7日、国連で「核兵器禁止条約」が122か国により採択された 
核なき世界を目指して世界が大きな一歩を踏み出したと喜びたい 
人類史上はじめて核兵器を落とされた国といえば 
もちろん日本である 
広島、長崎での原爆による悲惨な出来事は 
この核兵器禁止条約の成立の大きな力となった・・・・・ 
日本はもちろん、この条約の成立をめざして 
大きな役割をはたしたと思いたいところだが大外れ 
日本はこの条約に不参加だったのである、なぜ!? 
核禁止条約に賛成した122か国はすべて核を持たない国 
そしてこの条約に不参加の国はといえば 
すべて核保有国、米、ロシア、英、仏、中国、 
インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮 
さらに核の傘という核抑止力によって守られているという 
ドイツ等のNATOの国々も条約に不参加である 
そして日本、アメリカの核の傘を国の安全保障とする日本だからである 
この「核禁止条約」は、核兵器の開発、保有、使用だけを禁じているいるだけではない 
核の恐怖による威嚇も駄目だとする、すなわち核抑止力で国の安全を図ることも禁じている 
この世界から核をなくすためには当然の考え方といえる 
だが核による世界の現実をみれば、あまりに空論というしかない 
米、ロ等の核超大国が核兵 器を放棄するわけはないし 
その他の核保有国も同様である 
核の傘を重要な国の安全保障の柱とする国々もこの「条約」を受け入れないだろう 
核なき世界の実現がこの条約で可能になるなんて、あまりに空虚な夢でしかない 
そう、人類はこれからもずっと核によって滅びる危険のもとにありつづけねばならない 
なんと愚かで危険な生きものでしかない人類よ 
だが核なき世界のために「核禁止条約」という壮大な夢をすてるわけにはいかない 
それは我が日本の平和憲法の「9条」にもつながる 
9条は日本だけではなく、この世界から戦争をなくすという 
人類の永遠の夢を、その理想の実現を可能にしてくれるのだ 
世界から「核」を、「戦争 」をなくすために 
「核兵器禁止条約」と「9条」は現実的ではないからと無視するのではなく 
それが現実を変ええる理想だから大切にしたいのだ。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。