2017年12月17日14時50分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201712171450290

橋本勝の21世紀風刺絵日記

296回 1番でなければのプーチンのロシア、やっぱりドーピングは「不可欠!?

橋本勝の21世紀風刺絵日記 296 
1番でなければのプーチンのロシア、やっぱりドーピングは「不可欠!? 
 
国の威信を見せるのにスポーツほど最適なものはない 
特にそれを見せつけるのにオリンピックほどいい舞台はない 
自身もスポーツマン、柔道のゆうだんしゃであるプーチンのロシアなど顕著である 
前回の冬季五輪はロシアのソチで行われ 
ロシアは多数のメダルを獲得したが 
その勝利の多くがドーピングによるもので 
しかも国家ぐるみの企てであることがのちに判明し大問題となった 
ということで国際オリンピック委員会は今回のピョンチャン五輪には 
ロシア選手団の出場を認めないことを 決めた 
ドーピング疑惑のない選手の選手の個人参加は認めるが 
表彰式での国旗、国歌はなしという屈辱的なものである 
これは来年大統領選に立候補するプーチンにとって痛手となろう 
長年にわたってロシア政治にあって独裁者的立場にあったプーチンである 
ロシアのドーピング疑惑に無関係とはいえない、いや 
彼が命じていた疑いが濃いことから、自業自得というべきか・・・・・・ 
もちろん五輪などでの大きなスポーツイベントなどでの 
国策としてのドーピングはロシアほど極端ではないにせよ 
多くの国がやっている可能性は高い 
平和の祭典にあらず、ドーピングをしてまでの勝利にこだわる 
オリンピックなどなくしてしまえ と強く思う 。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。