2019年06月06日15時18分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201906061518424

コラム

チェコのもぐらのクルテク   村上良太

  空港のカウンターに向かって並んでいると、子供がじろじろ見ることが多い。僕のスーツケースだ。そこにはKrtek(クルテク)のシールが貼ってあるからだ。クルテクはチェコの漫画の人気キャラクターなのだ。それは黒いモグラである。だが、クルテクはミッキーマウスやドナルドダック、あるいは、スーパーマリオほどには面が割れていないのではなかろうか。それでも子供たちは人気度などよりも、クルテクの漫画自体に興味をひきつけられるのかもしれない。 
 
  僕はクルテクをシールにして貼りたかったわけではなかった。やむを得ずそうしただけで、その後も「いい年をして恥ずかしい」と自分で思ったことは何度もある。僕の同僚たちは旅の達人が仕事柄多く、みんな様々なシールを貼っている。訪れた国々で買った記念のシールを旅を終えるごとに1つ貼っていくカメラマンもいる。彼のスーツケースは年季がたって味が出ている。カクテルやビールのシール、山岳地帯での自動車レースのシール、気球、エンパイアステートビルなどなど。だが、アニメのキャラはない。 
 
  僕は何年か前、パリに出かける直前に、1回り大きなスーツケースを買った。新たに買った1回り大きめの三脚をすっぽり納めるためだ。出発前日、空港でスーツケースを間違って誰かが持って行ってはいけないな、と思い、シールを貼って違いを分かりやすくしようと思った。だがその時、手持ちのシールがなかった。そもそも僕にはシールを貼る習慣自体がない。そんな時、古書店で手に入れたクルテクの絵本にシールがついていたことを思い出した。本にシールを付けておくことは、漫画を世界に普及するには優れた戦略なのかもしれない。ハチが花粉を運んでいくように。 
 
 
 
■音楽にかける青春 バイオリン奏者 ルドミラ・パヴロヴァー Ludmila Pavlova 人は演奏している音楽とともに生きていかなくてはならないことを知りました 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201508200021584 
 
■音楽の都プラハの青春 アンナ・パウロヴァー(クラリネット奏者) ’Now I cannot imagine my life without clarinet’ Anna Paulova 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201508010952116 
 
■音楽にかける青春 ミラン・ルジェハークさん 留学先のストックホルムからの手紙 Milan Rehak ’Letter from Stockholm’ 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602081115501 
 
■音楽にかける青春 岩宙平さん(28) プラハで指揮者デビュー  Chuhei Iwasaki 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607030236520 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。