2019年06月11日16時59分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201906111659432

橋本勝の21世紀風刺絵日記

328回 「戦争」という言葉の下に無数の戦死者の死体が・・・・

日本維新の丸山穂高議員が北方領土を訪れた際の「戦争!」発言から 
1か月以上たつがその大暴言が巻き起こした騒ぎは収まっていない。 
丸山議員は陳謝したが議員辞職はしていない。しかし視点をずらして 
みるなら彼の「戦争」の言は有史以来、そして現在も絶えることない戦 
争の現実に対する鋭い風刺になっていると言える。 
日本は確かに戦後70数年、平和憲法のもと戦争はしていない。 
だが今、安倍政権は改憲を企み9条を否定し、日本を戦争できる国に 
しようとしている。 
この「戦争」発言騒動と同時進行するようにあったのが、平成から令和へ 
の改元騒ぎ。平成の前の昭和の時代、日本は国家を挙げて戦争をし 
数百万にもおよぶ数の戦死者をだした。そしてアジア各地で数千万人 
という戦死犠牲者の加害国となった。そんな忌まわしい歴史を克服しよう 
と戦後、日本は憲法9条により平和を守ってきた。 
今回、丸山議員は「戦争」発言後、酒で悪酔いし「女を買いたい」の卑わい 
な言動をしていたことが判明し問題になった。それは昭和の戦争の際, 
侵略したアジアの地での女性たちへの暴行、そして従軍慰安婦の問題を 
想起させてくれた。 
丸山「戦争」発言はそんな日本の闇の歴史を暴露する風刺表現となった 
と、私は評価したい・・・・・!? 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。