2019年11月25日23時30分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201911252330501

橋本勝の21世紀風刺絵日記

337回 核と、神と、人間と

ローマ教皇が11月23日に来日する 
そして翌日、被爆地の長崎、広島を訪れる 
核兵器反対のメッセージを 
世界に発信することになるだろう 
平和を願い、戦争に反対する宗教の指導者として 
当然といえば。当然といえる 
世界に13億人の信者数を誇る 
ローマカトリック教会のトップであるローマ教皇である 
その影響力は多大なものがある 
わが安倍首相も反核に同調してみせるだろうが 
核兵器に全面的に反対する「核兵器禁止条約」には 
「核の傘」に守られている日本としては 
賛成しないという姿勢は貫くであろう 
そう、米露などの核大国や、それらの国の核の抑止力に 
国の防衛を頼る国々は日本と同じく 
核禁止条約を認めていない 
人間を、地上のいのちのすべてを滅ぼしかねない 
核兵器はこれからも地球の上に君臨し続けるだろう 
核は、神より上の存在であり続けるのである 
それを許す人間とはなんと愚かな生きものであろう 
神という宗教も、核と同じく人間の文明の産物でしかないのか 
なぜ? 
この「問い」にいかなる答えが可能なのか・・・・・・・ 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。