2020年05月11日14時34分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202005111434491

アフリカ

【西サハラ最新情報】 西サハラ赤新月社のSOSに呼応したEU! 平田伊都子

 これまで20回以上、アルジェリアにある西サハラ難民キャンプに足を運びましたが、絶対に外せない訪問先が、西サハラ赤新月社でした。 援助物資を運んできた使用済みコンテナで囲われた西サハラ赤新月社食料貯蔵庫では、友人のシディアが働いていました。 倉庫の中は、小麦粉の袋が隅に残っていても、いつもガランドウでした。 缶詰とか粉ミルクとか他の援助物資は到着したらすぐに、五つある難民キャンプ群に届けられるからです。 
 恒常的に、西サハラ難民キャンプは食料難です。 
 
UNHCRが公表した西サハラ難民の数 : 
 これまでモロッコは、「UNHCR(国連難民高等弁務官)とアルジェリア政府は、僅か数万に過ぎない西サハラ難民の数を水増しして報告し、その差額を横領してきた。UNHCR(国連難民高等弁務官)が難民の統計を出さないのは、横領がバレるからだ」と、非難を続けてきた。しかし、2018年3月に新しい人口調査結果が出され、現在公表されている。その要点を以下に紹介する。 
 現在、アルジェリア最西端のティンドゥフ州にある西サハラ難民キャンプは、5か所に点在している。五つの難民キャンプは、故郷西サハラの地名が付けられている。スマラ難民キャンプは約50,700人で全体の29%、ラユーン難民キャンプは約50,500人で全体の29%、アウセルド難民キャンプは約36,400人で全体の21%、ダハラ難民キャンプは19,500人で全体の11%、ブジュドゥール難民キャンプは約16,500人で全体の10%と、報告されている。西サハラ難民キャンプの全人口は173,600人、男性が49%で女性が51%、全人口の38%が17才以下だという。この人口調査が、人道援助計画の基本になる。UNHCR人口調査は、22ページに及ぶ報告書を作っている。 
 UNHCR(国連難民高等弁務官)と難民ホスト国(受け入れ国)を非難される前に、モロッコ国王陛下、この報告書にお目を通してください。 
 
西サハラ赤新月社のSOS : 
 2020年4月28日に西サハラ赤新月社は「緊急要請! 西サハラ難民を襲うCOVID‐19」 
と題するSOSを発信した。以下にその要約を紹介する。 
「西サハラ難民政府はCOVID-19 の世界的感染が起こった早い段階から、拡大防止対策を実践してきた。(5月11日現在、西サハラ難民キャンプと西サハラ解放区には、一人も感染者は出ていない) 
 しかし、新型コロナウィルスの脅威が長期化するにつれ、ますます栄養不足の173,600西サハラ難民は窮地に追い込まれている。このところの支援金不足で緊急備蓄食料品も底をつき始めた。 
 西サハラ難民緊急事態を受けて、西サハラ難民キャンプに展開する、UNHCR(国連難民高等弁務官), WFP,(世界食料計画)、UNICEF(国連児童基金) そしてNGO5団体、Oxfam(オックスファム),CISP(シスプ),Medicos del Mundo Spain(世界医療スペイン支部), Movimiento por la Paz y Solidaridad International(国際平和連帯運動) は,4月19日に合同嘆願書を出し、資金提供者たちにさらなる資金援助を促した。彼らは、西サハラ難民キャンプでは授乳女性や妊婦の73%が貧血症で5才以下の子供たち25%が栄養失調で、成人の糖尿病が急増化していると述べ、約16億2千4百万円が緊急に必要だと訴えた。彼らはさらに、6万人を超える西サハラ解放区(西サハラ難民政府の管轄下にある西サハラ砂漠)の遊牧民や移動商人たちもCOVID-19による移動規制で生活が困窮し、新型コロナウィルスの危機に曝されていると、言及した。 
 西サハラ赤新月社は資金提供諸国に、西サハラ難民キャンプへの資金援助を強化促進するように、そして、西サハラ難民キャンプで支援活動をするNGO国際諸団体に協力するようにと、呼びかけた。 
 西サハラ赤新月社は難民キャンプのホスト国アルジェリアと国連諸組織とNGO国際支援団体に深い謝意を表する。 (西サハラ赤新月社)」 
 
WFP(世界食料計画)へ、EUが資金援助 : 
 5月9日、SPS(西サハラ難民キャンプ通信社)がアルジェリア首都アルジェ発として、EU(ヨーロッパ連合)関連組織が西サハラ難民の食料を援助するWFP(世界食料計画)に、約6憶千5百万円を献金したと伝えた。パトリック・バービエECHO ( ヨーロッパ市民擁護人道援助計画)のアルジェ支部長は、「EUは、44年の亡命生活を続けている西サハラ難民を、忘れているわけではない。我々は、大部分が虚弱体質の西サハラ難民に、最低限のカロリーを届け続けているWFP(世界食料計画)の重要な任務を支持する。特に幼児と母親の栄養状態に注意を払っている」と、語った。ECHOは、西サハラ難民の食料援助をするアルジェリアWFPの財源30%をカバーしているという。 
 アルジェリアWFP支部長イメド・ハンフィルは、「世界的感染が広がる中、より一層困難な状況にある西サハラ難民家族のSOSに、ECHOが率先して応えてくれたことに感謝する。基本的に西サハラ難民の食料は、WFOが賄っている。そして、今、難民の家族は 
この困難なCOVID-19の時に、より一層の食料援助を必要としている」と、語った。ECHOの義援金で、WFPは向う数か月間の難民基本食料配給が可能になったそうだ。 基本食料とは、米、小麦粉、大麦、豆、植物油、砂糖、強化ブレンド食品、、など炭水化物ばかりだ。 
 生鮮野菜やたんぱく質はない!え〜これじゃ、糖尿病患者が増えるわけだ ! 
 
 2020年5月8日、イギリス。ロンドンに拠点を置く西サハラ難民政府代表部のブレイカ代表からも、西サハラ赤新月社に続いて、SOSが世界各国と世界の人道支援諸団体に向けて発信されました。   特に、EU主催のビデオ会議で日本が874憶円超の支援金を約束したことを受け、日本政府に期待しているようです、、 
 この場合は、どこに嘆願すればいいんでしょうネ? 
 
 
*SJJA をテーマにした西サハラ難民キャンプ通信社の記事を紹介します。 
https://spsrasd.info/news/en/articles/2020/04/17/25587.html 
 
*「アリ 西サハラの難民と被占領民」の只今発売中です。 
著者:平田伊都子、写真:川名生十、画像提供:李憲彦、川上リュウ、SPS、 
造本:A5判横組みソフトカバー、4頁のカラー口絵、本文144頁 
発行人:松田健二、 
発行所:株式会社 社会評論社、東京都文京区本郷2―3―10、TEL:03-3814-3861 
2020年2月3日 初版第一刷発行  定価 税抜き2,000円 
 
*1月22日、「ニューズ・オプエド」で#1323<アフリカ最後の植民地>を放映しました。 
YouTube オプエド平田伊都子 URL https://www.youtube.com/watch?v=citQy4EpU-I 
 
Youtube2018年7月アップの「人民投票」(Referendum)をご案内。 
「人民投票」日本語版 URL :https://youtu.be/Skx5CP3lMLc 
「Referendum」英語版 URL: https://youtu.be/v0awSc25BUU 
 
Youtubeに2018年4月アップした「ラストコロニー西サハラ」もよろしくお願いします。 
「ラストコロニー西サハラ 日本語版URL:https://youtu.be/yeZvmTh0kGo 
「Last Colony in Africa]  英語版URL:  https://youtu.be/au5p6mxvheo 
 
 
WSJPO 西サハラ政府・日本代表事務所 所長:川名敏之     2020年5月11日 
SJJA(サハラ・ジャパン・ジャーナリスト・アソシエーション)代表:平田伊都子 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。