2020年10月09日19時27分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202010091927395

国際

【西サハラ最新情報】   メラニア大統領夫人のコロナ・ツイッター  平田伊都子

 1週間前の世論調査では、民主党大統領候補のジョー・バイデンが全国的にトランプ候補より8〜12ポイントリードしていたそうです。 2020年10月7日には副大統領候補同士の対決がありました。 そして10月15日には、「トランプVSバイデン一騎打ち!」の予定でしたが、どうも中止か変更になりそうです。 討論会主催者がオンライン討論を提案したところ、トランプ候補が「有権者が見たいのは、丁々発止の対決だ。映像に向かって喋るのはナンセンス」と断りました。 「コロナ汚染のトランプ候補と同席したくない」と、直接対決を避けたいバイデン候補は、支持者を相手に討論すると言いました。 
 10月15日の次は、10月22日に大統領候補討論が予定されています。 
 
.肇薀鵐廚二つの約束: 
 トランプ大統領は、現地時間の10月1日に新型コロナ感染が判明し、2日に入院。5日に退院し、午後7時にホワイトハウスへ戻った。10月7日、執務に復帰し、大統領執務室でブリーフィングを行った。同日、主治医のショーン・コンリー医師が、「トランプ大統領は24時間以上、新型コロナウイルスの症状がなく、4日以上発熱もない」と、発表した。トランプ大統領は7日に公開したビデオメッセージの中で、「気分は最高!神様のおかげだ!!」と言い、「自分が受けた治療をすべてのアメリカ人が受けられるようにしたい」と、約束した。また、「ワクチンも無料配布したい」と、語った。 
 トランプ大統領には、新型ウイルス治療で米製薬会社レジェネロン社の抗体カクテルを投与されており、この薬を無償提供することを約束したもので、何十万回分もの抗体カクテルがほぼ用意できるということらしい。が、この抗体治療はまだ実験段階で、認可を得ていない。「感染して、この薬のことを耳にした。自分に投与してほしいと頼んだ。そして、素晴らしい効果が得られた」と、トランプ大統領は説明し、緊急使用が許可されるようにしたいと付け加えた。トランプ大統領の支持者は、退院後のリーダーシップを称賛している。反対派は、ますます滅茶苦茶と、顔をしかめている。トランプ候補がどんなパフォーマンスをしようと対岸の火事だが、抗体カクテルとワクチンの無償提供は忘れないでほしい。 
 コンリー医師の報告によると、トランプ氏の「身体検査に問題はなく、バイタルサイン(生命兆候)、血中酸素濃度や呼吸は安定していて正常範囲だ」という。また、1日に採取した血液からは検出されなかったが、5日に採取した血液からはSARS-CoV-2-IgG抗体が検出されたとか、、しかし、ホワイトハウスの側近や政権スタッフは現在も自主隔離中だ。トランプ氏と接触する人の中には、マスクやゴーグルなどでフル装備をしているとか、、 
 ホワイトハウスは、ペストマスクにコート姿が徘徊する中世の世界に変貌、、10月末のハロウィンを先取りしています。 
 
➁ コロナに襲われたトランプ美女軍団: 
 新型コロナウィルスは、トランプご自慢の美女軍団も差別なく襲った。5月にはスティーブン・ミラ―夫人でケイテイー・ミラー・ペンス副大統領報道官、ケイリー・マクナニー・ホワイトハウス報道長官、 キャロリン・リービット・ホワイトハウス報道官、トランプ大統領夫妻にコロナをうつしたホープ・ヒックス大統領特別顧問、、ケリーアン・コンウェー(53)元大統領顧問、そして、メラニア・トランプ大統領夫人、、続々と美女軍団がコロナに犯されている。どの女性も、トランプ好みの懐かしいハリウッドタイプ美人だ。(因みに、ケイテイー・ミラーの夫、スティーブン・ミラー上級顧問も陽性反応を示した) ケイリー・マクナニー(32才)はFOXニュースの番組「Huckabee」をプロデュースした後、CNNの政治アナリストを務め、2017年11月、プロ野球選手であるショーン・ギルマーティンと結婚、、2019年11月には娘ブレークを生んだ,可愛い報道官だ。ホープ・ヒックス(31才)はモデル出身でトランプ選挙戦では広報を担当し、トランプの娘イヴァンカの企業パートナーでもある、眼光鋭い美人だ。 
 トランプ大統領退院の10月5日、クールビューティーのメラニア大統領夫人は、「私は気分も良く、家で体を休めています。医療スタッフや介護の方々に、心からお礼を申し上げます。そして、病床で苦しんでおられる方や、ご家族の皆さんのために祈りをささげ続けます」と、ツイートした。10月8日にはホワイトハウスのメールに、「10月は麻薬乱用と依存の防止を考える月です。麻薬で苦しんでいる若者や、愛する人を麻薬に奪われた人たちと、悩みを共有し助け合いたいと願っています。諦めないで、、」と、映像メッセージを流した。メラニア大統領夫人は、麻薬撲滅を使命の一つにしている。 
 
➂ 世界総人口の一割がコロナに感染?UNHCRも感染: 
 世界保健機関WHOの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は5日、世界人口の10人に1人がこれまでに新型コロナウイルスに感染した可能性があり、残りの90%の人が依然感染リスクにさらされているとの認識を示した。しかし、その裏付けは示していない。ライアン氏は、この数字は国ごと、さらに都市部と地方など地域ごとに異なると言いつつ、「世界は厳しい時期に差し掛かりつつある。新型コロナウイルスの拡大は続いている」と明言した。 
 世界保健機関WHOのテドロス事務局長は6日、新型コロナウイルス感染症ワクチンが年末までに準備できる可能性があると述べた。が、詳細は明らかにしなかった。 WHOが共同代表を務める世界的な新型ウイルス感染症ワクチン配分計画「COVAX」の下で、現在9種類のワクチンの開発が進められている。 執行理事会では、ドイツや英国、オーストラリアなどからWHO改革を求める声が出たそうだ。そして、ワクチンが確保できた際には平等に分配できるよう各国の連携や政治的取り組みが重要だと、従来の設を繰り返した。 
 10月8日、国連報道官が定例記者会見で、「10月5日に、フィリッポ・グランデUNHCR(国連難民高等弁務官)が、新型コロナウィルスに感染したことをツイートした。それを受けて彼と接触していた7人が、WHOとスイス当局の規制に従って、14日間の自主隔離に入った。彼は、過去2週間の間に、ブリュッセル、ヨルダン、シリア、レバノンを歴訪している、、」と、WHOの傍にある、スイス・ジュネーブUNHCR司令部のコロナ感染を報告した。ご近所のWHOにも、新型コロナウィルスの感染が拡大している可能性がある。WHO自身が、10人に一人の感染率だと明言したのだから、、そのうえ、フィリッポ・グランデUNHCRは、ヨルダン、シリア、レバノンの難民に新型コロナウィルスをまき散らした、ということになる。 責任を取ってください! 
 
「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、世界中の富豪の資産が過去最高を記録している」と、10月7日のBBC英国TVが発表しました。 スイス金融大手UBSの報告によると、世界の富豪の資産は4月から7月の間で27.5%増え、10兆2000億ドル(約1081兆2300億円)に達したそうです。 私たち庶民が新型コロナウィルスで苦しんでいる最中、世界の富豪たちは、コロナで大儲けしていたのです。 
 同じ10月7日、コロナ禍で極貧層が急増すると、世界銀行が報告しています。 世界の99%は、間違いなく困窮しています。 
 
―――――――――――――――――――――――― 
*難民アスリート・サラーの最新ドキュメンタリーがYoutubeにアップしました。 
https://youtu.be/jz7lFr2c_Jk スペイン語ですが、西サハラ難民キャンプが見られます。 
*占領地からの脱出―「アリ 西サハラの難民と被占領民の物語」只今発売中です。 
著者:平田伊都子、写真:川名生十、画像提供:李憲彦、川上リュウ、SPS、 
造本:A5判横組みソフトカバー、4頁のカラー口絵、本文144頁 
発行人:松田健二、 
発行所:株式会社 社会評論社、東京都文京区本郷2―3―10、TEL:03-3814-3861 
2020年2月3日 初版第一刷発行  定価 税抜き2,000円 
*1月22日、「ニューズ・オプエド」で#1323<アフリカ最後の植民地>を放映しました。 
YouTube オプエド平田伊都子 URL https://www.youtube.com/watch?v=citQy4EpU-I 
Youtube2018年7月アップの「人民投票」(Referendum)をご案内。 
「人民投票」日本語版 URL :https://youtu.be/Skx5CP3lMLc 
「Referendum」英語版 URL: https://youtu.be/v0awSc25BUU 
Youtubeに2018年4月アップした「ラストコロニー西サハラ」もよろしくお願いします。 
「ラストコロニー西サハラ 日本語版URL:https://youtu.be/yeZvmTh0kGo 
「Last Colony in Africa]  英語版URL:  https://youtu.be/au5p6mxvheo 
 
 
WSJPO 西サハラ政府・日本代表事務所 所長:川名敏之     2020年10月9日 
SJJA(サハラ・ジャパン・ジャーナリスト・アソシエーション)代表:平田伊都子 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。