2021年08月31日21時19分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202108312119392

社会

【新型コロナ後遺症闘病記】このウイルス、侮ったらあきまへんで  高士太郎

インヤ~(^^*)2度目のPCR検査で陰性になり、グローバリズム末端労働現場に社会復帰できることになったんやが、思わぬ【コロナ後遺症】になてもた。ハッキリ言って10歩も歩けません(キリッ)。このウイルス、侮ったらあきまへんで。 
 
 おそらく肺炎になってると思われ。きょう折角復帰予定だったグローバリズム末端労働現場を即連絡してオヤスミして最初にPCR検査して陽性の結果が出た医院に再び行くことになった。 
 
 実は、グローバリズム末端労働現場に指示されて民間検査機関に21日に行ってきた時も、体力なく息絶え絶えになりながら検査に行ってきたのだった(この時既に肺炎になっていたと思われる)。だが、2週間近く療養していたので、カラダを動かしてなかったし、なまっているのではないかと愚かにも考えていたのだ。(8月23日) 
 
にゃんとまー;(@nyantomah)こと高士太郎 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。