2021年09月14日20時44分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202109142044502

社会

【新型コロナ後遺症闘病記】専門医に根掘り葉掘り 高士太郎

アッ(^^*)【専門医に根掘り葉掘り】 
よゆうがありそうだったので、くだけた質問で、やはり新型コロナウィルスは武漢の研究所から漏れ出たものなのかと聞いてみた。するとそれはナンともゆえない。週刊誌は面白おかしく書くから。★ただ若いヒトにも深刻な肺炎を引き起こすという点やカラダのアチコチに影響を与えるという点では【全くいままでにないウィルス】だとおもうとのことだった。最後の専門医の見解は後々まで一貫している。(28日) 
 
アッ(^^*)【専門医の嬉しい指摘】 
さらに、話はナショナルジオグラフィック日本語版2021年6月14日記事について、私の不安を絡めて聞くと、もし新型コロナウィルスが、肺炎から膵臓に移ってベータ細胞を改変したとしても、いまの症状では全てのベータ細胞がヤラレたワケではなさそう。もしヤラレていたら、もっと酷い症状になっているハズ。だからヤラレてないベータ細胞もあるんではないか、という嬉しい指摘を戴いた。(*^^)/ (28日) 
 
アッ(^^*)旧知の某ネットメディア編集長からヒトを介して【闘病記】執筆の依頼。短いが第1回目を送った。キホン、Twitterに載せたものに背景がわかるよう手を加えたもの。問題提起もそのマンマ載せてゆくつもりなので、皆しゃまと議論できればエエかの(爆)。入院生活まだまだ続きますが、生産性向上第一(爆)。なおTwitterは日本語だと140字の制約がある。でも3ツイート合わせれば、400字詰め原稿用紙1枚ぶんになるからネ。そう考えると、Twitterの使い途も増えるというワケだ。(29日) 
 
※性懲りもなく、まだまだ続きます。よろしくお願いします。 
 
にゃんとま〜;(@nyantomah)こと高士太郎 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。