2021年09月18日20時25分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202109182025476

社会

【新型コロナ後遺症闘病記亜枩賁膂紊楼焚爾里茲Δ暴劼戮拭々盪梁析

アッ(^^*)ワイが専門家でない限り、どおしても【専門医のお話】を誤解する可能性は常にあるが、今回は何度も確かめたからの。この時点で個人的には「初耳」だったので、正直、驚愕した。 
 
※専門医は以下のように述べた。 
 
★ウィルス感染で若いヒトを含め、肺炎に20%以上罹患してしまうのは【新型コロナウィルスがはじめて】だ。 
 
★インフルエンザでも肺炎は1%に満たない。 
 
★新型コロナウィルスに感染・発症したヒトの80%は軽症だが年齢無関係に【20%は肺炎に】。こんなウィルスは初めて。 
 
★肺炎はステロイドを専ら使って治療するも、稀に効かない場合(20人にひとり位)もあり、その場合は困難を極める。 
 
★そもそもステロイドの処方についても定まっていない。 
 
(°°*) 
 
(3日) 
 
 
アッ(^^*)いま看護師がやって来て、だの。血糖値の測定、インスリンの皮下注射、クスリの管理をひとりでできるように練習しましょうネとかゆってきたぞ。 
 
ナナナ(°°*=*°°)ナンヂャソリハ~ 
 
イヤヤデ(*・・)ステロイド治療終わったら血糖値下がるんやろ。 フィ(^^*)せやかて練習はしとかんとだの。(3日) 
 
にゃんとま〜(@nyantomah)こと高士太郎 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。