2021年09月26日20時10分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202109262010470

社会

【新型コロナ後遺症闘病記粥枦賤琉絣悗任蝋酩できんのかの 高士太郎

ア~(^^*)異様にハラが減っとる。血糖値も98まで下がった。ハラが空腹でグルグル鳴っとる(爆)。こりや朝食喰ってもスグ間食しちまいそうだの。血糖値に影響与えない間食とか、ナニがあるかの。カロリーが殆ど無いモノとかあるんだろうかの。 
 
ン~(*・・)ムズいの。 フィ(^^*)ドライフルーツとか。(6日) 
 
アッ(^^*)【あっ、あっ】 
1Fのコンビニでドライフルーツ、カシューナッツ、無糖ヨーグルトなどを調達して病室に戻ると、糖尿病専門医が【待ち伏せ(爆)】。 
 
「間食してもスグわかりますからネ」。交渉(爆)の結果、食事のカロリーを増やしてもらえることに(*^^)/ (6日) 
 
アッ(^^*)きょうは朝食後ステロイドの他にパクトラミンを服用。免疫をステロイドで抑制しているため、別の肺炎が発生するのを防ぐためらすい。フクザツ過ぎや。 
 
フム(*・・)とにかく、前に進むしかないんやで。 フィ(^^*)東洋医学では克服できんのかの。 (6日) 
 
※これをFBにも投稿した処、お友達になって戴いている方からコメントが入った。 
 
(お友達のコメント)漢方薬では、例えば、清肺湯が気管支や肺の炎症を抑えるのに効果があって、中国では昨年の感染爆発の時から処方されていたそうです。西洋医学は症状にピンポイントで効果ありますが、副反応もありますから、日本でも、西洋医学と中医学との併用する所もあるみたいですが、もっと増えて欲しいですね。 
 
(私のコメント) 
アッ(^^*)漢方のある中国はエエよのぉ。だから早期に収束できたんかも知らんの。 
 
(お友達のコメント) 
それよりも、以前にSARSで大変だった経験の方が大きいと思います。 
 
(私のコメント) 
オォ(°°*)なるる。 
 
(別の方のコメント) 
初期状態のうちに参蘇飲が効くと知り合いの医者が言うてました。 (6日) 
 
アッ(^^*)入院時の血液検査で血糖値が異常に高かったため、糖尿病の疑いがあり、それはナショナルジオグラフィック日本版2021年6月14日記事にあるように新型コロナウィルスが膵臓のベータ細胞を改変してしまっているのか、それとも元々糖尿病のケがあったのかどうか(糖尿病専門医は後者ではないかと見ているが、新型コロナ罹患前の健康診断では正常だったので私は納得できないが)は不明も、合併症がないかどうか、眼科を受診させられた(眼に異変の兆候が少し見られるとのことで、退院後に再受診して経過を見るとの結果に)。 
 
アッ(^^*)眼科から戻って来ると、専門医が午前中に撮ったレントゲン写真を見せてくれた。右肺の白い部分がかなり後退し、健康な左肺に近い状態。空に例えると、薄雲が所々覆っているものの晴れ間も垣間見える状態。専門医は、これなら退院は来週あたり考えてもよいてゆうような口ぶりだった。ただ、以前からそうなのだが、右肺の下位約4分の1は真っ白で、この部分はヒトによってはずっと回復しないケースもあるとのこと。器質化したままとなる。ならない場合も退院後も時間がかかるとのことだ。こればかりは仕方ない。(6日再構成) 
 
ン~(^^*)退院となると【カネ】を用意せんとぉ。姑息な福岡中央保健所の作戦で【自助】にさせられたからの。★健康保険限度額適用認定証は来てるので、当面はだいじょぶだと思うけどの。 
 
フム(*・・)通院とかもあるからの。 フィ(^^*)暫くはドタバタしそうやの。10月になったらどおにか、だの。(6日) 
 
にゃんとま〜;(@nyantomah)こと高士太郎 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。