2022年09月09日14時52分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202209091452025

農と食

輸入小麦の残留グリホサート 米国・カナダ産はほぼ100% 下がる気配なし

 農水省はこのほど、2021年度の輸入小麦の残留農薬検査結果を公表した。この検査結果によれば、米国産とカナダ産の残留グリホサートはこれまでと変わらず、ほぼ100%から検出され、下がる気配がない。21年度、カナダ産は100%、米国産は97.8%と前年並みの高い検出率だった。オーストラリア産は、11.9%と前年度比約8%減少し19年度並みだった。フランス産は、前年に続き検出がなかった。(有機農業ニュースクリップ) 
 
 検出されたグリホサートの最大値は、米国産が1.3ppm、カナダ産が1.6ppmに対して、オーストラリア産が0.04ppmだった。平均値などは公表されていない。小麦の残留基準値は、2017年にそれまでの5ppmから30ppmに大幅に緩和されたが、今回公表された残留値は改正前の5ppmはクリアしている。 
 
 ・農水省, 2022-8-31 
  小?(食用)のかび毒、重金属及び残留農薬等の分析結果(令和3年度) 
  https://www.maff.go.jp/j/seisan/boeki/beibaku_anzen/attach/pdf/bunsekikekka-16.pdf 
 
 表1.輸入小麦の残留グリホサート検出率 
------------------------------------------------------- 
       2017年  2018年  2019年  2020年  2021年 
------------------------------------------------------- 
 米国    97.1%  98.0%  95.5%  98.1%  97.8% 
 カナダ   100.0%  100.0%  100.0%  100.0%  100.0% 
 豪州    16.2%  45.5%  12.0%  19.6%  11.9% 
 フランス  13.3%   0.0%   5.9%   0.0%   0.0% 
------------------------------------------------------- 
 ・農水省 米麦の残留農薬等の調査結果 
  http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_beibaku/index.html 
 
 公表された検査結果によれば、米国産輸入小麦からはグリホサート以外に、5種類の除草剤と4種類の殺虫剤、1種類の植物調整剤が検出されている。2013年度以降に検出された残留農薬は延べ14種類に及ぶ。中でも除草剤2,4−Dは、2017年度に初めて検出(1.5%)されて以来、年々検出率が上がり、2021年度は21.6%に達した。除草剤ジカンバとクロピラリドも検出率が上がってきている。ジカンバは、2.9%(2017年度)から21.6%(2021年度)に増加。クロピラリドは、18.1%(2016年度)から76.3%(2021年度)と増加している。 
 
 ネオニコチノイド系農薬の中ではスルホキサフロルが対象農薬として検査されているが、まだ検出されていない。 
 
 ・2013年度以降に米国産小麦から検出された残留農薬 
  除草剤:グリホサート、2,4-D、ジカンバ、クロピラリド、 
      パラコート、ピペロニルブトキシド、 
      クロルピリホス 
  殺虫剤:クロルピリホスメチル、ピリミホスメチル、 
      デルタメトリン及びトラロメトリン、 
      マラチオン、メトプレン、臭素 
  植調剤:クロルメコート 
 
 2021年の輸入小麦は476万トン。そのうち米国産がほぼ半分の226万トン(48%)。カナダ産は175万トン(37%)、オーストラリア産は74万トン(15%)。以下、フランス産などが続いている。輸入小麦の8割以上に何らかの濃度のグリホサートが残留していることになる。 
 
 表2.小麦輸入量(2021年) 
-------------------------------------------- 
 輸 入 先   輸入量 [万]  シェア 
-------------------------------------------- 
 米国       226.2      47.6% 
 カナダ      175.4      36.9% 
 オーストラリア   73.5      15.4% 
 その他       0.6      0.1% 
-------------------------------------------- 
  合  計    475.6 
-------------------------------------------- 
 出典:財務省 貿易統計 
 
 ●添付資料 
 ・1_国別輸入小麦の残留グリホサート検出率(2013-2021).png 
 ・2_輸入小麦の残留グリホサート検出率(2013-2021通期).png 
 ・3_米国産小麦の残留農薬と検出率(2013-2021).png 
 ・4_小麦輸入量(2021年).png 
 
 
【関連記事】 
 ・輸入小麦 米国・カナダ産のほとんどからグリホサートを検出 
  http://organic-newsclip.info/log/2021/21031110-1.html 
 
 ・市販食パンから残留グリホサートを検出 国産小麦原料では不検出 農民連食品分析センターが調査 
  http://organic-newsclip.info/log/2019/19040977-1.html 
 
 ・輸入米麦の残留農薬 北米産小麦のほとんどからグリホサート検出 
  http://organic-newsclip.info/log/2018/18100971-1.html 
 
 ・厚労省:グリホサートの残留基準値を大幅緩和を告示 
  http://organic-newsclip.info/log/2017/17120875-2.html 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。