2017年07月23日16時28分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201707231628580

コラム

あるテレビ番組が教えてくれたもの  〜視察旅行とは名ばかりの議員による豪遊〜  木村結 

  フジテレビの金曜プレミアムという番組を偶然観たら 
香川県議会議員6名(自民党5会派記載なし1)が7泊9日で3か国7都市を訪問。総額990万円の豪華海外視察に内緒で密着取材していた。ビジネスクラス使用、4星ホテル宿泊、随行職員2名はツアコンであり報告書を作成する役目。香川県は少子高齢化で税収も減る中、彼らは議員報酬960万円、政務活動費360万円という高給取りである。 
 
  ミュンヘンでは、BMWの本社ではなくお城と時計台観光。視察と思しきことは、地熱発電所に90分間のみ。スイスではカベル橋、インターラーケン観光、アルプス登山電車、ツェルマットでのマターホルン観光、ショッピング。ツェルマット観光局へ30分。姉妹都市パルマ市表敬訪問30分。視察の前でもビールは当たり前の観光三昧の実態を暴き、その後議員に直撃すると、訪問先を覚えていない。行ってもいないBMWの見本市に行っていたと嘘をつく。また山を視察したのではなく、街づくりのやり方を視察したと嘘。香川県議会に問い合わせをすると、こじつけの回答が届いた。 
 
  ツイートはアップしてから今日(7月23日)までで3,500RTを超えており、私は、フジテレビに金曜プレミアムのこの特集は是非継続し、全国各地の議会はもちろん、国会議員の視察にも勝手に同行取材をしてほしいとの呼びかけを行った。そこへ、議員も悪いが、それを見破れない選挙民がいけないとのメンションが来たので、以下の返事をした。 
 
▽ 現在の選挙制度では見抜けません 
 
〜挙期間が短いため連呼ばかり 
供託金が高いから弱者には高い壁 
H辞麗句で、具体性のない公約を並べる方が人気 
 
▽ 解決への一歩 
 
ゝ聴に直接電話して要求や応援を伝える 
∩挙活動を手伝う 
5腸颪鯔議阿掘監視していることをアピール 
等 
 
▽この選挙制度について少し整理をしてみよう 
 
〜挙期間が短い 
このことを言うと、あんなうるさいものもっと短い方が良いという意見が聞かれます。 
 
<日本の選挙期間> 
 
町村長&町村議員 7日間 
都道府県議員&政令指定都市議員 9日間 
衆議院議員 12日間 
政令指定都市長  14日間 
参議院議員&知事  17日間 
 
  短いから名前の連呼になる、戸別訪問なども禁止され、ポスター掲示も限定、葉書や印刷物にも厳しい枚数制限があり手枷足枷状態が日本の選挙制度です。アメリカ大統領選のように1年かけるべきとは言いませんが、せめて1ヶ月間、戸別訪問しながら市民と政策論議を交わしたり、無料で使える会場で討論集会を開いたりできれば、名前の連呼しかできない議員は淘汰されるでしょう。 
 
供託金 
 
世界一高いと評判の日本の供託金。 
アメリカ、ドイツ、イタリア、コスタリカは供託金制度がありません。フランスも95年に廃止されました。アジアは高めで、韓国約150万円、シンガポール約79万円インド約25000円イギリス500ポンド。カナダは約7万円ですが、収支報告書を提出すれは返却されます。 
 
衆議院議員&参議院議員(選挙区)都道府県知事 300万円 
参議院議員(比例代表区)600万円 
政令指定都市長 240万円 
その他の市区長 100万円 
都道府県議員 60万円 
市区議会議員 50万円 
町村会議員  不要 
 
  日本では、選挙には供託金だけでなく、選挙にもお金がかかりますし、何よりも仕事を辞めないと立候補できないという大きな壁があります。経済的社会的弱者が自分たちの立場を訴えるために選挙にすら出られないという壁があります。 
イギリスでは、議員であってもその身分のまま地方自治体の首長選などに立候補し、破れたら議員を続けることができるのです。 
 
H辞麗句が喜ばれる 
 
  これは私の感想ですが、具体的な政策目標や目標数字などを掲げ、丁寧に話す候補者より、愛嬌を振りまき「皆様の安全のために頑張りま〜す」という曖昧なことしか言わない候補の方が得票が高い傾向を感じます。投票日の掲示板をしばらく眺めていたことがありますが、明らかにファン投票と勘違いしている会話が漏れ聞こえてきましたし、その方の立ち位置で誰の名前を覚えようとしているかがわかります。美辞麗句以前のポスターの出来具合、顔の良し悪しが問題なのかも知れません。 
 
  さてそこで、では4年に一回の選挙以外に私たちにできることはないのでしょうか? 
 
ゝ聴に直接電話して要求や応援を伝える 
 
  あなたの携帯にあなたのことが選挙民となる議員や首長の電話番号を登録してください。共謀罪が提出されていた時、自民党や公明党の国会議員に電話して意見を伝えましたか?あなたの住んでいる近くの公園で見事な桜が伐採されそうになった時、区議会議員に電話して反対しているか、聞きましたか? 
何か問題が起こった時、気軽に電話する習慣をつけましょう。地元民だと名乗ることで、相手は話を聞くのです。事務所をからにしている議員も多いですからFAX番号、メルアドも必要なら登録しましょう。 
 
∩挙活動を手伝う 
 
  都知事選挙を何度か手伝ったことで、多くの議員と交流を持ちました。そこで感じたのは、市民運動の人たちは文句は言うが、選挙は手伝ってくれない。そうです。市民運動は選挙になると寝ているのが当たり前だったのです。自分の立ち位置を鮮明にしない方が良い、支持政党なしが有利、そんな風に言っている人が多かったのです。 
  それでは誰からも信頼されません。誰を手伝っていいのか分からなければ、手当たり次第手伝ってみては如何でしょう。私は公務員住宅に引越したばかりの時、34年前ですが、官舎のボスおばさんに連れられて自民党の区議会議員の選挙事務所に行き、お茶汲みを命じられました。真っ白な割烹着の右ポケットには4つ折りの5千円札が一枚。「前の方の忘れ物です」と差し出した私は「とっときなさい」と叱責され、恥ずかしい思いをしたまま帰宅。まさか、今時そんなことはないでしょうが、地方ではまだまだあるとも聞いています。貴重な体験ができるかも知れません。 
 
5腸颪鯔議阿掘監視していることをアピール 
 
  地方議会の傍聴は簡単です。議会事務局に電話すれば、丁寧に教えてくれますし、子連れでも可能です。傍聴者がいるだけで議員は「誰だろう?何のために聞きに来たのだろう?」と好奇心満々の表情を見せます。質問者でなくても選挙民に見られているだけで緊張します。委員会も本会議もどちらも傍聴することをお勧めします。議員を覚えて「今日の質問良かったですね」と伝えることは議員への大きな応援になります。 
国会の傍聴はちょっと面倒ですが、知り合いの議員や選挙区の議員に電話して委員会や本会議を傍聴したいと申し出ましょう。「議員紹介券」を出してくれます。本会議だけなら、議員面会受付所で一般傍聴券を受け取ってください。 
委員会の傍聴は、議員の紹介が必須です。 
 
衆議院警務部調整課傍聴券係03-3581-5111内線33861 
参議院警務部受付係03-5521-3939 
 
  10歳以下のお子さんを連れての傍聴はできませんし、携帯やバック、コートマフラーなどはすべてロッカーに入れさせられ、鉛筆と紙しか持ち込めません。自然に出てしまう笑い声やくしゃみはOKですが、発言したり、叫んだり、ましてや靴を投げ入れたりしたら外に連れ出されますし、拘留される恐れがありますので記載しておきます。傍聴の係が警務部札ということからも、この国が国会を市民から遠ざけようとしているかがわかります。 
 
  余談ですが、「議員を監視しなければいけない」とツィートしましたら、「監視社会の到来ですね」と書いてきた方がいました。国家権力が市民を監視するのと、市民が権力者を監視するのは全く異なることなのに、同一視する人がいることに驚いたのと同時に、様々な言い回しや漢字がある日本で「監視」という漢字が権力からの監視も、市民からの監視も同じ表現しかないことに愕然としたのです。市民からの監視の伝統がないからでしょうか?英語に詳しい方に伺いましたら、英語表現も特に権力を監視するか、権力に監視されるかで表現に違いはないとのことでした。他の言語ではどうなのでしょう?ご存知の方是非お教えください。 
 
  もう一つ。 
 
  議員による無駄遣いの最たるものが視察旅行であり、つい最近も舛添元東京都知事の豪遊が話題になったばかり。他にも議会事務局に提出された視察報告書が全員同じものだったとか、地方で監視活動をするオンブズマンの報告も視察旅行が如何に無駄かを訴えている。内容を精査してお金を戻させるなどの意見もあるようですが、それにすら税金が掛かるのですから、視察旅行は完全に廃止し、行きたければ自前で行き、掛かった費用は経費計上すれば良いのです。そうして議員経費のすべての領収書は開示することにすれば、不透明な出金はなくなり、無駄な豪遊もできなくなるのですから。 
 
 
木村結 
 
 
■福島原発事故刑事裁判の争点は何か? 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201707051857143 
 
■映画「未来を花束にして」  現状を打破する女性の闘いに魅了される  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201703311736465 
 
■映画「太陽の蓋」と「シン・ゴジラ」が描く日本 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201702272352151 
 
■大学を拠点にした調査報道の始まり  ワセダクロニクル  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201702231212494 
 
■4大学のメディアゼミの合同発表会を聴きに行く   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201701092247131 
 
■東電株主代表訴訟.  事故調査委員会で聴取された文書の開示要求を裁判所は認めず  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201612290040004 
 
■NHKのOBと共に西門に立って 木村結 (メディア観戦記・番外編) 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201612171540536 
 
■メディア観戦を続ける意味   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201610291322486 
 
■映画「日本と原発」はもうご覧になりましたか? 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201508111622332 
 
■特攻隊の生き残りだった父を想う 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201508222047266 
 
■焼きみかん 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602101655583 
 
■捨てられるパンを見て 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602170020063 
 
■ポーランドの旅 アウシュビッツ強制収容所を訪ねる 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603111133515 
 
■ポーランドの旅2 ダンディなバスの運転手は高給取り 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603131430560 
 
■白いカレー 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604060207223 
 
■浜防風(ハマボウフウ) 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604131016413 
 
■鴨    木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201608262023475 
 
■押し寿司    木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201609251222140 
 
■「マスコミを味方にしよう」プロジェクト 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201511040030103 
 
■東電は右翼団体にひれ伏した  東電株主総会報告  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607031621040 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。