2016年04月23日15時29分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201604231529386

コラム

メディア観戦記12 木村結

ツイッター録。時系列的には下から上に時間が流れていきます。 
 
■  4月22日 
日本 川内原発が3・11のトラウマを呼び覚ます」 社会学者 セシル・浅沼=ブリス Cecile Asanuma-Brice (翻訳・紹介Ryoka)日刊ベリタ 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604221513295 … 
 
■  以下のツイートに対してリツイート 
<キャスターもどせ23と報ステを応援する会 
海外からも疑問 
仏ルモンド紙は「川内原発が2011年3月のトラウマを呼び起こした」とのタイトルで、なぜ日本政府が川内原発を止めないのかを「”原子力を再開したいという熱烈な政治的意志”か」と分析。 
はい、その通りです。> 
 
■  22日 
100人や1000人が観るのを辞めても影響力はありません。 
あきらめて選挙を棄権したことで安倍政権を生んだように、観て(参加して)直接意見を言い続けなければいけません。逃げて良いことはありません。発言を続けることが是正の道です。 
(ある番組を見るのをやめようというツイートに対して) 
 
■  22日 
真実を知らずニュースも知らずデマを流すのは辞めましょう。九電本社の前で抗議行動をしている人たちもいますし、仏国の記事は地震が続いているのに原発を止めない日本に対してあきれているのですよ。 
 
■ 22日 
ネット署名は5日間で10万人を超えました。海外でも呆れています。今日も有楽町の九州電力東京支社が入る電気ビルの前を通りましたが、ひとりで川内原発止めて!と訴えている女性がいました。 
意地で運転を続けるのは辞めて欲しいです。 
 
■  4月22日(報道ステーションの後藤謙治キャスターについてのツイートに対する反応) 
本当に驚きました。昨夜の安倍が災害対策頑張っているというヨイショ発言には仰け反りましたね。付ける薬ナシと判断し、辞めさせるよう電話を呼びかけています。 
テレビ朝日 
03-6406-5555 
 
■NHKBS   4月21日 
北欧からアフリカに渡るコウノトリが、ポルトガルのゴミ集積所に定住、年々増加。しかしEUは近い将来屋外のゴミ集積所を禁止。渡りを知らないコウノトリはどうなる? 
/ポーランドで南アフリカまで旅するコウノトリの不思議を知った 
 
■NHKBSニュース  21日 
約5万人が非難生活 
 
各社の映像を見る限り、大型テントでの避難所が設営されていない様子。中越沖地震の際、泉田知事が自衛隊の大型テントを要請し、エコノミークラス症候群の死亡はゼロ。何故大型テントの要請をしないのか? 
 
■NEWS23  21日 
柏崎刈羽原発 
希硫酸噴出で消防出動 
午後1時50分頃 
「廃棄物処理建屋 地下1階で発煙と通報 
蓄電池から希硫酸が霧状に噴出 
 
/大事なニュース。原因の続報も期待しています。 
短いニュースでも貴重な情報を感謝です。 
 
■NEWS23  21日 
地震対策 追求の民進に 
おおさか維新の足立議員暴言 
 
安倍政権の擁護に徹する足立。 
ふざけるな!アホ!などなど 
またもや暴言を吐き、直ぐに訂正に応じる。 
/国会の品位を落とすだけの議員は辞めさせましょう。 
 
■NEWS23   21日 
広がる支援ぁ
韓国では元慰安婦のオモニが13万円の寄付をした。 
私たちは日本人と争っているのではない。少しでも募金に協力してほしい。 
/報道はされなかったが、韓国からは飛行機一台の支援物資も。 この報道は素晴らしい 
 
■NEWS23 
広がる支援 
中国から女性が熊本に義援金を届けに来日。 
中国のネットには傷ついたくまモンをパンダがいたわる漫画がいくつもアップされる。 
 
みんな同じクマだから 
みんな同じ命だから 
 
胸が熱くなります。ありがとう。 
 
■NEWS23 
広がる支援◆
パキスタン人が温かいカレーを振る舞う 
 
イスラム教徒は助け合いの精神を大切にしていると。彼は災害の度に現地でボランティアで炊き出しをしているという。 
 
■NEWS23  4月21日 
広がる支援 
「ふるさと納税」 
 
豪雨被害の町茨城県境町がふるさと納税の手続き事務を代行。 
橋本町長 
災害は体験した人だからわかる 
熊本の被害を見てみなさんが何とかしたいという思いがある。 
 
■報ステ  4月21日 
靖國神社 春の例大祭 
安倍総理が 真榊奉納 
 
2013年に靖國神社参拝をして以来、中国韓国の反発に配慮し、参拝を見送る。 
 
/一昨日靖國神社のベンチで読書。もちろん参拝も真榊も奉納せず。私はね。 
 
■報ステ  21日 
米国20ドル札に黒人女性 
奴隷解放運動のリーダー 
 
短いニュースだが、これってそんなに大事なニュースかしら? 
 
■報ステ  4月21日 
6日間で現地本部長交替◆
後藤氏 
 
安倍さんは前へ前へと素早い対応をしているのに、松本副大臣のようなことがあるととても残念ですね 
 
/安倍政権は災害の政治利用があからさま過ぎて国民から非難続出なのに安倍の擁護に徹している 
 
■報ステ  21日 
松本副大臣 差し入れ要請 
現地本部長6日間で交替 
 
差し入れ要請のことだけを伝え、支援物資が行き渡らないのは現地の怠慢との発言は不問。その上後藤氏は 
村山内閣も菅内閣も災害の対応が悪くて退陣に追い込まれた。 
 
■報ステ 4月21日 
「ふるさと納税」支援を 
茨城県境町が手続き代行 
 
茨城県境町は昨年の洪水の経験を踏まえて、手続き事務を代行を率先して引き受けている。 
 
■金子勝氏のツイートに対するリツイート 
<熊本大震災の最中に、原子力規制委員会は避難計画のない川内原発を動かし続けただけでなく、この大地震に40年超の老朽原発である高浜原発1、2号機の審査を合格させた。衰退原発産業を守るためなら国民を見殺しにしかねない原子力危険委員会です> 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG20H0C_Q6A420C1MM0000/ 
■今朝21日の朝日 
報道の自由度72位 
海外から懸念の声も 
 
/2010年民主党政権下で11位に上がったが、第二次安倍政権で急速に下落。2014年59位、昨年は61位だった 
報告書には「東洋の民主主義が後退している」と日本に言及 
 
■私も必ず。マイケル・ムーアの作品は全て観てます。 
 5月27日(金)公開 映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』公式サイト http://sekai-shinryaku.jp/ 
■今朝21日朝日川柳には 
ゴーホーム ドア越しに言う高市氏 
とありました。 
 
■今朝21日朝日天声人語 
「だろう運転」の思い込みの危険性を解き、熊本地震の予想不可能な実態を示しながら、 
今からでも遅くはない。(中略)川内原発をいったん止めることを考えてはどうか。全国に広がる不安の声に耳を傾けて。 
 
■  4月20日 
安倍政権になって1次も2次もですが、報道の自由度が劇的に下がっています。2010年民主党政権時は11位。2015年は61位です。 
 
■ 4月19日 
安倍を選択したのは19%です。投票に行かなかった人たちがこの安倍政権を支え、直接行動もせず、お酒を飲んで政治家はみんなダメさ、とくだをまいているのです。その人たちを投票所に向かわせることが私たちの課題なのです。 
 
■ 4月19日 
フランスでは世界一危険な原発として川内原発がニュースになっています。世界中が注目してます。サミットは中止ですね。 
 
■NEWS23  19日 
夏の参院選前に 
自民党パーティ続々 
派閥別に今日2回今後も5回 
星浩 
パーティもいいですが、リベラルの理念の研修とか、しっかりやって欲しいですね 
 
/パーティやっている場合じゃないでしょ! 
と言わなきゃいけないのでは? 
 
■NEWS23  19日 
国連人権委デビット・ケイ氏 
 
日本は報道の自由が深刻に脅かされている。日本政府に報道の独立性を担保するよう求める。「公平かどうか」の判断は政府が決めるべき問題ではない。2017年に国連人権委員会に報告書を提出する予定 
 
■  19日 
東日本大震災の際も素晴らしい日本の秩序と報道されましたが、現地では窃盗や破壊が頻発していたと福島の人たちに聴きました。日本だけが素晴らしいなどということはないのです。報道規制しているのです。 
 
■NEWS23  19日 
おおさか維新 
片山虎之助 タイミングがいい地震、と発言 
 
当面はこの日曜日の補選にも影響がないわけではない。ダブルになるのかならないのか、消費税を上げるのか上げないのか、全部絡んでくるんですね。大変タイミングのいい地震 
 
■NEWS23  19日 
9万人避難変わる「情報伝達」 
SNSを活用"デマ"も 
 
荻上チキさん 
知りたい情報が不足する。そのアンバランスを埋めるため偽情報などの流言が出回る。行政やメディアが届けてあげればデマは広がりにくくなる。 
 
■報ステ  19日 
エコノミークラス症候群 
どう防ぐ?専門家に聞く 
 
屋根があると怖い、避難所が足りないと車中泊。たった5日間で症候群22人。中2人が死亡。 
中越沖地震の際は泉田県知事の判断で自衛隊からテントの提供を受けて発症者は少なかった。 
 
■報ステ  19日 
震度5強の震源が南へ 
新たな地震の可能性は? 
昨日の放送で、南へ震源が移動する可能性を指摘したが、今後本震と同等かそれ以上の揺れが起きる可能性がある。 
 
/この先には川内原発がある。一刻も早く止めるべき。 
 
■  4月19日 (九州の地震の地図に川内原発周辺がカバーされていないことについて) 
 
もう少し縮めれば九州全体が表示されるのに。意地になってめせんか?NHK。 
政権への忠誠でしょうか? 
原発の位置を明記するよう電話しましょう。 
0570-066-066 
ナビダイヤルです。 
 
■ 4月19日 
NHKBSNEWSは 
仏国でも避難計画が未整備のままであるとのニュースを流すが、仏国でもできていないのだから日本でできないのは仕方がないとでも言いたいのでしょうか?昨今のNHKの報道姿勢を見ると邪推したくなります。 
 
■オタク同士のやり取りは私を抜いて話してください。礼儀をわきまえましょう。 
 
■NEWS23  4月18日 
400年前の地震と類似 
古文書に予測の手がかり 
 
1611年 東北地方で大地震と津波被害 
1619年 熊本地方大地震 
1633年 小田原地方大地震 
24年前後に起こる可能性がある 
 
■NEWS23  18日 
建物倒壊被害に差も 
耐震工事なぜ進まない 
 
1981年以前の建物は9秒で崩れた。 
耐震工事は全国で82% 
熊本県で76% 
 
■報ステ 
現地から小川アナの報告 
必要最小限の物がもらえるだけで嬉しいと言った後本音が溢れると。 
 
/被災地のトイレは女性3男性1 
避難所の仕切りなど震災の度に叫ばれるのに日本は何も改善されないと聞いた。実際に援助している人を呼ぶべき 
 
■報ステ  18日 
TPP国会審議を再開 
野党は震災の審議を求めるが、安倍はTPPも重要だと譲らない。 
後藤さん 
野党は震災時に政権批判をして国民の反発を買いたくないですし 
 
/なるほど、安倍は野党が国民の反感を買うように仕向けたいのね。 
 
■報ステ  18日 
予想気温 
明日午前6時 かなり冷え込む 
日中は気温が上がり、寒暖差が14度もあります。 
 
車や外で過ごす方は十分な寒さ対策をし、体を動かすようにし、エコノミークラス症候群にならないよう注意してください。 
 
■報ステ  18日 
阿蘇・大分広がる地震活動 
さらなる大地震?原発は? 
 
日奈久断層の先には川内原発 
別府−万年山断層帯の延長線上には伊方原発 
富川さんは原発への影響を聞くが、専門家は、厳しい基準をクリアしていますからと御用学者らしいコメント 
 
■報ステ  4月18日 
余震が一転「本震」に 
断層の中で一体何が? 
 
気象庁は当初、余震が続くと発表していたが、「本震」と変更。 
今後更に大きな本震が起きる可能性があると専門家は語る。 
 
■報ステ  18日 
足りない避難所 
続く車中泊 
役所が指定した避難所には物資は届くが、自主避難の場所には届かない。指定避難所は遠く、行けないとの声も。 
車中泊も多く、10人がエコノミークラス症候群で3人が重篤。 
 
■報ステ  4月18日 
始まりました。 
地図は九州全域。川内原発はもちろん、伊方原発、佐賀原発の位置と今回動いた断層の位置も明記されている。 
 
■  4月18日 
\酘盡業を止めるよう九州電力東京支店に電話しましょう 
NHKが鹿児島を削除した地図で報道していることに抗議しましょう 
2仍場どろぼう的米軍オスプレイ輸送、緊急事態条項には反対などを訴える度にネトウヨが湧きバッシング。 
 
でも殆どがフォローゼロに近い。このためだけにわいたのね 
 
■  4月18日 
原発稼働のままだと高圧高温で約30秒でメルトダウンします。しかし、運転停止すれば、事故が起きても水さえ入れることができれば、メルトダウンには至りません。全く違います。是非広めてください。 
 
※発信したツイッターから新聞・テレビに関するものを抜粋して転載しています 
 
木村結 
東電株主代表訴訟事務局長 
 
■メディア観戦記 31   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201610231524350 
 
■メディア観戦記 30   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201610081750566 
 
■メディア観戦記 29   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201609241825226 
 
■メディア観戦記 28   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201609111740230 
 
■メディア観戦記 27  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201608301206472 
 
■メディア観戦記 26  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201608211351590 
 
■メディア観戦記 25   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201608070156430 
 
■メディア観戦記 24   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607301713526 
 
■メディア観戦記 23  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607202122593 
 
■メディア観戦記 22  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607121547492 
 
■メディア観戦記 21  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201607021814266 
 
■メディア観戦記 20  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201606261849550 
 
■メディア観戦記19 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201606210009082 
 
■メディア観戦記18 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201606050008000 
 
■メディア観戦記17 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201605301217311 
 
■メディア観戦記16 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201605240616542 
 
■メディア観戦記15 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201605170233202 
 
■メディア観戦記14 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201605090809551 
 
■メディア観戦記13 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201605021103041 
 
■メディア観戦記12 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604231529386 
 
■メディア観戦記11 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604171431200 
 
■メディア観戦記10 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201604100311240 
 
■メディア観戦記9 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603310624314 
 
■メディア観戦記8 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603240123254 
 
■メディア観戦記7 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603190336076 
 
■メディア観戦記 6  木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603190329406 
 
■メディア観戦記5 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201603080101092 
 
■メディア観戦記4 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602240230183 
 
■メディア観戦記3 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602091538422 
 
■メディア観戦記2 木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602031517183 
 
■メディア観戦記   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201602011311531 
 
■メディア観戦を続ける意味   木村結 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201610291322486 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。