広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
香港メディア株300%超
ドライブインお化け屋敷
香港「大物フィクサー」
一国二制度とは
周庭氏を逮捕
安倍・原爆資料館訪れず
Sound the Trumpet
ベトナム人実習生47人感
Choose Life Projectは
Beethoven No. 7


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
関生反弾圧市民情報センター
農と食
文化
コラム
政治
欧州
アフリカ
みる・よむ・きく
アジア
検証・メディア
反戦・平和
橋本勝の21世紀風刺絵日記
米国
遺伝子組み換え/ゲノム編集
中国
国際
憲法
市民活動
難民
医療/健康
社会
教育
環境
司法
中東
外国人労働者


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2020年08月11日
2020年08月10日
2020年08月09日
2020年08月08日
2020年08月07日
2020年08月06日
2020年08月05日
2020年08月04日
2020年08月03日
2020年08月01日







金門島の包丁職人、呉増棟さん(56)。包丁の原料は島に打ち込まれた中国軍の砲弾だ。


包丁の原料には事欠かない。中国人観光客も呉さんの店に押し寄せる。


近年、中台間の緊張緩和で金門島は風光明媚な観光スポットになっている。


だが、依然として中国大陸に近い台湾領・最前線の島でもある。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要