広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
三菱重工「安倍案件」
南北首脳会談
平壌にトランプタワー
国会ではなく政府
疑惑だらけの下村氏
反スラップ法が必要
また昭恵夫人が…
「メディアは日本国家つぶ
東京駅の自動販売機
アメリカの「いいなり」


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
検証・メディア
国際
中国
コラム
遺伝子組み換え/クローン食品
市民活動
政治
みる・よむ・きく
農と食
反戦・平和
アフリカ
アジア
文化
橋本勝の21世紀風刺絵日記
東日本大震災
社会
韓国
核・原子力
環境
米国
人権/反差別/司法
TPP/脱グローバリゼーション
終わりなき水俣
沖縄/日米安保/米軍再編
移民大国ニッポン
労働問題
医療/健康
欧州
科学
農と食


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2018年04月27日
2018年04月26日
2018年04月25日
2018年04月24日
2018年04月23日
2018年04月22日
2018年04月21日
2018年04月20日
2018年04月19日
2018年04月18日







レジャーヌさんが結婚した日。マルセルさんはレジャーヌさんの祖父と同じ合唱団に所属していた。1976年5月。(22 mai 1976)


二人が住んだのは古城のある町。パリから19キロ北の郊外に位置するエクアンの町だった。


フランス・ルネサンス時代に建てられたこのエクアン城の主はフランソワ一世の軍の最高指揮官をつとめたアンヌ・ド・モンモランシー。Ce château Renaissance était la propriété de Anne de Montmorency, Connétable du roi François 1er


ナポレオンの時代以後、この城はレジオンドヌール勲章を親が受賞した家の娘だけが通える女学校となっていた。それを1977年にルネサンス美術館として再開したのはアンドレ・マルローだった。Après Napoléon y a installé l'école des filles de la légion d'honneur.C'est Malraux qui a fait rouvrir ce château en 1977 comme Musée de le Renaissance


エクアンの住宅地 人口はおよそ7400人。Immeubles modernes dans le bas d'Ecouen


レジャーヌ・ボワイエさん(右)と父親。幼くして共産主義を父親から受け継いだ。高校を卒業後は東欧諸国などへの旅行関係の広告など共産圏諸国のクライアントの広告を主に扱う広告代理店に勤めた。


夫のマルセルさんとは郊外のエクアンからともにパリに通勤していた。写真は結婚の前年、ジョルジュ・ムスタキの野外コンサートで。中道右派のヴァレリー・ジスカールデスタン政権の時代。Nous écoutons Georges Moustaki.Concert en plein air! 1er juin 1975.


父親が共産党員だったレジャーヌさんも共産党で活動を始めた。1977年には町会議員選挙にも出馬した。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要