広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
Bach Brandenburg 4
総理官邸に居座る面々
菅・竹中会談の真意
菅義偉首相はやれば
Magnificat BWV 243
新学期・操行ゼロ
展覧会の絵
ロラン・パルト:記号と倫
POPEYE
Betty Boop


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アジア
教育
みる・よむ・きく
検証・メディア
環境
遺伝子組み換え/ゲノム編集
コラム
農と食
欧州
国際
医療/健康
橋本勝の21世紀風刺絵日記
核・原子力
社会
文化
アフリカ
中国
政治
中東
生活
反戦・平和
関生反弾圧市民情報センター
米国
憲法
市民活動
難民


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2020年09月24日
2020年09月23日
2020年09月22日
2020年09月21日
2020年09月20日
2020年09月19日
2020年09月18日
2020年09月17日
2020年09月16日
2020年09月15日







社会評論社刊。320ページ。数千人の「立ち上がる夜」の参加者一人一人を訪ねてパリや近郊の都市を訪ね歩き、彼らの暮らしの問題や人生を見つめたルポ。2015年の2度にわたるパリの銃乱射事件ののち、非常事態宣言が行われたが、その緊迫するパリの中で政治や経済や社会のあり方をめぐり、数千人の人々がパリの共和国広場に夜ごとに集まって話し合いを始めた。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要